smadan

女性誌「mina」の“SNS恋愛指南”がヤバい 「一歩間違えればネットストーカー」

女性誌「mina」の“SNS恋愛指南”がヤバい 「一歩間違えればネットストーカー」
写真はイメージ

女性ファッション誌「mina」(主婦の友社)に掲載されている“とある企画”がTwitter上で話題を呼んでいる。注目を集めているツイートには「美容室に置いてある雑誌に地獄のような企画が載っていた」という言葉とともに、「mina」の誌面が撮影されたものが投稿されていた。


このツイートは現時点で17,000リツイート以上(9日16時時点)拡散されるほど話題となっている。

気になる異性 SNSで“バレないように”徹底リサーチ


「mina」は20代女性がターゲットで、“ガーリー・カジュアルスタイル”を提言しているファッション雑誌。田中美保さんや高橋愛さんらが専属モデルとして所属している。そんな同誌が2017年11月号で取り上げた「SNSで彼をオトす10のこと」。FacebookやInstagram、Twitter、LINEなどのSNSを駆使し、気になる男性を落とす10の方法がイラストを交えて紹介されている。

今回、ネット上で注目を集めたのは「SNS探偵になって彼の情報を仕入れる」というトピック。ターゲットの男性のSNSをこっそり調べておき、“フォローせずに彼のすべてを探る”。気になる男性の趣味や好きな食べ物、出身地を事前にリサーチし、あざとい投稿で男心をコントロールするいう方法だ。


非公開になっているアカウントに対しては、「『お互い犬を飼っていて犬好きだったので、インスタにたくさん写真挙げているから見てほしい』といってアカウントを教えてもらった」といった経験者の対策法を伝授。また、「SNSでつながって、少しづつ相手のことを知りたい派なので、最初にSNSを聞いてくれるコはありがたい」などのメンズ側の意見も書かれている。

これらの“彼情報”を一通り調べたあとは、「交友関係」や「仕事内容」「生活リズム」も徹底的にリサーチし、アプローチ方法を探っていく。同誌いわく、「見方によってはちょっと怖いけど(笑)、彼をオトすため! とことん探偵になりきって」とのこと。

これにはTwitter上でも反響が多数あり、「一歩間違えればネットストーカー」「なにこれ超怖い」「情報リテラシーの真骨頂」「これって同じ事を男性側がやると避難されるヤツですね」といったコメントが相次いでいる。上記のほかにも、手料理の写真を投稿する際に“あえて彼の好物を掲載する”といったアドバイスなども書かれているが、果たしてこの方法でうまく意中の人を落とせるのだろうか――。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク