smadan

先代AIBO修理業者が語る人間とロボット「一緒に生きた歴史ができていく」

今年11月にソニーは新型のペットロボット「aibo」を、来年1月に発売すると発表しました。
一方で、同社が2006年に生産を終了した旧型のAIBOを今もかわいがり、不具合が起きれば修理を望むというユーザーも少なくありません。そこで今回は、AIBOをはじめ様々な電化製品の修理を手掛けているA・FAN(ア・ファン)の乗松伸幸社長にお話を伺いました。

先代AIBO修理業者が語る人間とロボット「一緒に生きた歴史ができていく」

「どうしても直して使い続けたい」というお客様のために


――A・FANの成り立ちを教えてください。

乗松:私はAIBOやウォークマンを作った会社の技術者として、1983年から約15年間、アジアの国々に駐在した後、1999年に日本に帰ってきました。ですがそこで目の当たりにしたのは、この国からものづくりが急速に失われていく様子でした。企業が人件費の削減を理由に、生産拠点をどんどん海外に移すようになっていたからです。

また私自身が53歳に大病を患い、心臓の手術をしたこともあって、「自分ができること、自分が死ぬまでに本当にやりたいことは一体なんだろうか?」と考えるようになりました。そして55歳の時に会社を辞め、同じ会社のOBのエンジニアを集めて、在宅修理の仕事を始めました。

――「本当にやりたいこと」として、修理の仕事を選んだ理由は何だったんでしょうか。

乗松:家電製品は発売から一定期間が過ぎると、メーカーはサポートを打ち切ってしまいます。けれど長いあいだ大切に使っていたものを、どうしても直して使い続けたいというお客様もたくさんいることを知っていたので、そういう人のサポートをする仕事をしたいと思ったんですね。とはいえニッチな仕事ではあるので、それほど利益を上げることは考えておらず、当初はせいぜい「ゴルフ代でも稼げれば良いな」ぐらいに考えていましたね。

――AIBOの修理を始めたきっかけは何だったんでしょうか。

乗松:2013年に「AIBOというロボット犬をなんとか直してほしい」と依頼されたことがきっかけです。この時点で、私たちはまだAIBOに触ったことがありませんでしたが、「こういう方法なら直るかもしれない」という見込みはありました。確実なやり方ではないとお客様に正直に説明した上で、修理に取り掛かりました。

――無事に直ったんでしょうか?

乗松:紆余曲折がありながらも無事に直りました。そのことがあって以降「AIBOを一台直した会社があるらしい」と我々のところに来るお客様がどっと増えました。AIBOの修理を望んでいた方は、我々が考えていた以上にたくさんいたんです。2014年にメーカーによる修理サービスが終了して以降は、駆け込み寺を求めて、より多くのお客様が全国からやって来るようになりました。

――AIBOを単なる機械ではなくペットとして扱っていたお客さんからすれば、メーカー修理の打ち切りというのは、頼りにしていた獣医さんが突然廃業してしまったのと同じですものね。

乗松:お客様がこんなにもAIBOをかわいがってくれていた、AIBOと共に生きてくれるお客様がいるんだということを、AIBOの修理を始めてからはじめて知りました。

先代AIBO修理業者が語る人間とロボット「一緒に生きた歴史ができていく」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク