smadan

カラオケで20代が盛り上がる曲は?男性、女性ボーカル別定番ソング

カラオケで20代が盛り上がる曲は?男性、女性ボーカル別定番ソング
画像はイメージ

20代になると職場の飲み会やサークル、合コンなど、友人以外とカラオケをする機会も多くなってくる。気心知れた友人同士ならば歌いやすいが、職場やサークルなど、会って日の浅いメンバーとのカラオケや、そもそもカラオケに普段行かない場合、何を歌えばいいのか迷ってしまうことも多い。

そこで今回は、カラオケで20代が盛り上がる曲を男女ボーカル別に紹介していこう。誰もが聴いたことのある曲・振り付けが楽しい曲・懐かしいアニメソングなど、持ち歌として広くレパートリーを増やせば、今後に役立つはずだ。

男性ボーカル


R.Y.U.S.E.I / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

両手で斜め上を指さして走る「ランニングマン」でお馴染みのこの曲。みんなで踊れば、盛り上がること間違いなしだ。
なお、デュエットソングでもあるので仲のいい友人と一緒にノリノリでパフォーマンスできれば、場のボルテージは一気に急上昇するかも!?

リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION

定番のカラオケソングといえばこの曲。2004年にリリースされて以来、不動のカラオケ人気を誇っている。
大人気アニメ『鋼の錬金術師』のオープニングテーマに使用され、アニソンとしても広く親しまれている。
サビのフレーズ「消して~♪」は思いっきり叫ぶと盛り上がり、自分もスカッとするのでオススメだ。

君が好きだと叫びたい / BAAD

大人気アニメ『SLAM DUNK』の第1期オープニングテーマとして使用されたこの曲。
毎年夏休みの再放送を楽しみにしていた20代の方も多いのではないだろうか。
ストレートな歌詞が心に響くとともに、流れるアニメ映像(きらめく海と踏切、バスケシーン等)に懐かしさを爆発させる人も多数。

SHAMROCK / UVERworld

熱いメッセージ性と歌唱力、パフォーマンスが人気のUVERworldが2007年にリリースした曲。
榮倉奈々が主演の連続ドラマ『ダンドリ。~Dance☆Drill~』の主題歌に起用され、一躍有名となった。
ちなみに、「シャムロック」とは、クローバーなどの葉が3枚に分かれている植物の総称だ。歌詞の内容と重ねて聴いてみるとなお楽しい。

A・RA・SHI / 嵐

誰もが知っている国民的アイドルグループ「嵐」のデビューシングル。
1999年「バレーボールワールドカップ」のイメージソングとしても使用された。
サビの「A・RA・SHI」で両腕をリズムよく振り回す振り付けは、思い切ってやるとかなり盛り上がる。

ultra soul / B'z

2001年の世界水泳選手権大会公式テーマソングとして起用されたこの曲。
そのテンポのよさから、この曲を使用して多くのMAD動画(二次創作動画)が作られた。
カラオケでは、サビの最後の歌詞「ウルトラソウル!」をみんなで叫ぶのが定番だ。

HOT LIMIT / T.M.Revolution

黒いテープのような衣装で強い風を正面から受けるという、斬新なPVが話題になったT.M.Revolutionの楽曲。
1998年にリリースされてからも、根強い人気を誇っている。
ポーズを真似しながら踊れれば、盛り上がること間違いなしだ。

大切なもの / ロードオブメジャー

2002年のリリース後もその人気は衰えず。
2009年に、台湾版マツダ・Mazda3(アクセラ)CMソングに使用された。卒業や別れの歌としても人気があり、汎用性がとても高い。
歌いやすいので、何人かで順番にマイクを回して歌うのもオススメである。

前前前世 / RADWIMPS

2016年にリリースされ、新海誠監督の大ヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌として使用された。
誰もが知っているだけではなく、映画の感想や歌詞の怖さ(!)など、聴いている人が話のネタにしやすいという意味でも、とても盛り上がりやすい曲だ。

CHA-LA HEAD-CHA-LA / 影山ヒロノブ

いわずと知れた、伝説のアニメ「ドラゴンボールZ」の主題歌。1989年に発売され、なんと4年5カ月もの間起用されていたというから驚きだ。
流れるアニメ映像に懐かしさを覚える人も多いであろうこの曲、メンバーの年齢層に合わせて「DAN DAN 心魅かれてく」「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」に変える等、ドラゴンボールシリーズ内で選曲を変えるのも一つの手だ。

あわせて読みたい

  • 20代平均年収 前半~後半の伸び幅は?

    20代平均年収 前半~後半の伸び幅は?

  • 一度の子作りで妊娠する確率

    一度の子作りで妊娠する確率

  • 上司・先輩と「飲み会ゼロ」が4割

    上司・先輩と「飲み会ゼロ」が4割

  • 幹事経験者で「怒りを覚えた」6割超え

    幹事経験者で「怒りを覚えた」6割超え

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年1月9日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース