「さよなら人類」の柳原陽一郎が語る、ジャズ×オリジナル詞×芝居×講談の『三文オペラ』/インタビュー1

 
「さよなら人類」の柳原陽一郎が語る、ジャズ×オリジナル詞×芝居×講談の『三文オペラ』/インタビュー1
撮影/岡田貴之

■柳原陽一郎/『オルケスタ・リブレ plays 三文オペラ』インタビュー(1/4)

ジャズと歌と講談と芝居……? 一見、どう噛み合うのかピンとこない組み合わせではあるけれど、これが一度観たらクセになるほど面白い。ダイナミックかつ繊細に10人編成のジャズバンドが夢見心地な音楽を奏でたと思ったら、講談師が時事ネタ満載のストーリーテリングを受け持ち、役者が主人公の胸の内をコミカルにシリアスに演じてみせる。その舞台のなかで、ある意味、キーマンとなっているのが全曲の訳詞と歌を担当する柳原陽一郎だ。かつて唯一無二の存在感をアピールしたバンド“たま”に在籍した、いまだ平成を代表する名曲として知られる「さよなら人類」の作者であるが、平成が終わろうとする今、またもやすごいパフォーマンスを見せてくれている。時は変われど、この人の毒と愛に満ちた歌は色あせない。そんなことを目の当たりにできる『オルケスタ・リブレ plays 三文オペラ』、東京オリンピックを向こうに見据えた今の日本に、高らかに響き渡る!

ユーモアとペーソスが散りばめられた日本語詞も聴きどころ

そもそも柳原陽一郎が『三文オペラ』全曲の訳詞を手がけることになったのは、2012年夏にリリースされたオルケスタ・リブレのアルバム『うたのかたち~UTA NO KA・TA・TI』にボーカリストとして参加したことがきっかけだという。その際、『三文オペラ』の曲も収録することになり、歌詞を訳してレコーディング。それを機に、その年の秋、『三文オペラ』公演が行われることになった。

あわせて読みたい

柳原陽一郎のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「柳原陽一郎」に関する記事

「柳原陽一郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「柳原陽一郎」の記事

次に読みたい「柳原陽一郎」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月13日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。