smadan

ブラック企業アナリストが手口語る「悪意ある会社の退職引き止め術」

ブラック企業アナリストが手口語る「悪意ある会社の退職引き止め術」

働き方改革が話題になる一方で、ブラック企業にまつわる痛ましい出来事は後を絶ちません。ブラック企業の被害から、私たちはどのように身を守ればよいのでしょうか? 「働き方改革総合研究所」代表取締役でブラック企業アナリストの新田龍さんにお話を伺いました。

ブラック企業には長居しないのがいちばん


――自社がブラック企業になってしまったり、ブラック企業に入社してしまった場合、従業員はどのように自分の身を守れば良いのでしょうか?

新田:いちばん確実なのは辞めることですね。行き当たりばったりで辞めるのではなく、十分に準備してから辞めた方が良いというのは大前提ですが、今は転職サイトやエージェントも多くあります。時間のない方のために電話での面談やチャットでのやり取りで転職のサポートをしてくれるところも多くなりました。まずはそういったサービスを利用するところからアクションを起こすのがおすすめです。

――やはりブラック企業には長居しないことがいちばん。

新田:そうです。けれど実際には「すぐに辞めると辞め癖がつく」「雇ってくれた会社だから恩義がある」などといった価値観を刷り込まれているために、多くの人が会社に残ってしまいます。

――「新卒で入社したら、まずその会社で3年は働け」「石の上にも3年」という考え方は今も根強いですね。

新田:「石の上にも3年」とはいっても、人を使い潰すような会社は石ですらありません。そんなところにいても何も身につかず潰されるだけなので、3年居る価値がある石なのか見極める必要があります。

――何も身につかずに3年経ってしまったら、転職も余計に難しくなりますしね。


新田:また悪意がある会社では、辞められると人が足りなくなるので、あの手この手で引きとめようとします。「お前が辞めると残された人たちはもっと忙しくなる」「みんなに迷惑をかけてもいいのか」などの文句や、さらにエスカレートすると「お前が辞めると人が足りなくなるから、新しい人を雇うための金を払えるのか」とか「損害賠償を請求するぞ」とか言ってくることもあります。そんな請求はもちろんできませんし、口にすること自体が違法なのですが……。

――違法だと知らずにそんなことを言われたら「そういうものなんだ」と思ってしまいますね。


新田:また、巧妙な懐柔策で引きとめてくる会社もあります。「なんとか給料も上げるし、これから良い会社に変えていこうと思っている。君には期待もしているから、これからも頑張ってくれ」と、甘い言葉で辞めさせまいとします。けれどこの時に言われる「良い会社に変えていこうと思っている」というのは、大抵の場合嘘で、実際には何もしないことが多い。甘い言葉で引き止められた時には、何を言ったかより、何をやっているかを見る必要があります。改善するといってもらったら、「どういうことをやってくれるんですか」「いつまでに何をしてくれるんですか」というのを具体的に確認した方がいい。それをしないと上手く乗せられてしまう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク