review

アルツハイマーの元殺人犯VS若手シリアルキラー「殺人者の記憶法」異色すぎる対戦カードできっちり泣かす

       
『殺人者の記憶法』は、信頼できない語り手による一級のミステリであり、親子の情愛を描いた感動作であり、観客を極端に緊張させるサスペンスであり、人間の記憶と業を描いた重たい映画でもある。とにかく多面的な傑作なのだ。
アルツハイマーの元殺人犯VS若手シリアルキラー「殺人者の記憶法」異色すぎる対戦カードできっちり泣かす

ボケてきちゃった元連続殺人犯、娘のために大奮闘!


アルツハイマーの元連続殺人犯が、ピチピチの若手連続殺人犯を止めるべく奮闘する。「もうそれだけで面白いじゃん!」と言いたくなるアイディアを軸にした本作は、キム・ヨンハによる韓国の同名ベストセラー小説を原作にしている。もともとは割と淡々とした語り口の小説だが、映画ではエモさを盛りまくり、ちょっと異なる味付けでまとめ上げた形だ。

主人公ビョンスは田舎の獣医だ。アルツハイマーを患っている彼は最近の記憶がポンポン抜け落ちるようになり、父親を心配した娘ウンヒはボイスレコーダーをプレゼント。それに細かいことを録音し、パソコンで日記をつけておくのが習慣だ。しかし、ビョンスには元連続殺人犯という裏の顔があった。

あこぎな金貸しや家族に暴力を振るう男など、死んで当然と判断した人間を次々に殺しては竹林に埋めていたビョンスは、17年前の殺人を最後に殺しを引退。現在は娘と平和に暮らしていたのである。くっきりと思い出せる過去の殺人の記憶はビョンスの中で存在感を失っておらず、彼は事あるごとに被害者を埋めた竹林に散歩に出かけていた。

そんなビョンスの住む街では最近連続殺人が多発、若い女性が残忍な手口で殺害されていた。そんな中、車を運転していたビョンスは若い男の乗る車と接触事故を起こす。ビョンスに追突されて蓋の開いたトランクから覗くのは、何やら血の滴る巨大なバッグ。運転していた若い男は「鹿を轢いてしまって」と言ってそのまま去るが、元殺人犯であるビョンスはあれが人間の血であることを確信する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「アルツハイマーの元殺人犯VS若手シリアルキラー「殺人者の記憶法」異色すぎる対戦カードできっちり泣かす」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    チョンの異常性なんぞ説明せんでいいよ。後、明らかな外敵の商売を宣伝してやるって阿呆なのかな?

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。