smadan

「悲しいとき~!」でブレイクした「いつもここから」はポテンシャルが高すぎる

「悲しいとき~!」でブレイクした「いつもここから」はポテンシャルが高すぎる
画像は「がぶ飲みミルクコーヒー」ブランドサイトのスクリーンショット

中高生を中心に根強い人気を誇る「がぶ飲みミルクコーヒー」(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)がこの2月19日にリニューアル。ペットボトル飲料になって今年で20周年とあって、ブランドサイトも開設し、「がぶのみ」ブランドの強化をしていくようだ。
同サイトには、CMキャラクターを務めていたお笑いコンビ「いつもここから」を20年ぶりに起用し、当時のCMやネタイラストも一挙公開。アラフォー筆者にはあのころの思い出が鮮烈によみがえってくるわけだが、そもそも皆さんはいつもここからの存在を覚えているだろうか?


あるあるネタ+めくり芸でポジションを確立


いつもここからは、色白スリムで弱気な風貌の菊池秀規さん、色黒がっちり系で強気な風貌の山田一成さんのコンビで、得意とするのは「あるあるネタ」のめくり芸。
「悲しいとき~!」を連呼しながら、その悲しいシチュエーションが描かれたスケッチブックをめくり、物悲しくもシュールな笑いを誘うスタイルが代名詞的なネタだ。
がぶ飲みミルクコーヒーのCMでは「がぶ飲みしたいとき~」のアレンジになっていたが、まさにこのネタでブレイクしたのである。

当時はあるあるネタがお笑い界でかなりのシェアを占めていた。
相手がへこむシュールなひと言で笑いを取っていたふかわりょうや、栃木なまりでムカついた事をつぶやく、つぶやきシロー辺りがブームの走りだと思う。
『エンタの神様』のヒットもあって、テツandトモ、はなわなど、リズム系あるあるネタが台頭してきたなか、スケッチブックのめくり芸で異彩を放っていたのがいつもここからだった。
(後にリズム系あるあるネタの発展系として、レギュラー、小梅太夫、オリエンタルラジオなど、あるあるネタ風で「むしろない」系が人気になる)


漫画家レベルの画力は芸能界随一!?


スケッチブックやフリップを使ったイラストネタは鉄拳やバカリズムも得意としているが、そのクオリティの高さでいえば、いつもここからがズバ抜けていた印象。
それもそのはず、イラストを担当していた菊池さんは漫画家目指して上京し、雑誌連載を持っていたほどの腕前の持ち主。
切ない悲しみがひしひしと伝わってきながらも、しっかりと笑いに変わるのは、この絶妙なイラストあってこそ。優れた観察眼を絵で表現できる武器は、お笑い界でもトップクラスなのではないか?

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月14日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。