review

今夜最終回「みなさんのおかげでした」とんねるずはお笑いの歴史に何を残したのか…改めて考えてみた

帝京高校の同級生だった二人は、それぞれの部でひょうきん者として人気を集めていた。石橋は3年生の夏に野球部をやめると、テレビの素人芸のコーナーにたびたび出演、やがて木梨を誘い、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の「所ジョージのドバドバ大爆笑」に一緒に出ている。

1980年春に高校を卒業すると、それぞれ就職したが、「ドバドバ大爆笑」のスタッフが新たに日本テレビで新人の登竜門的番組「お笑いスター誕生!!」を始めるに際してオファーを受け、「貴明&憲武」のコンビ名で出場する。10週連続合格でグランプリ獲得という同番組で彼らは素人ながら善戦し、4週を勝ち抜いた。このとき早くも森永製菓からCM出演を打診され、契約を結んでいる。さらに「お笑いスタ誕」のグランプリになった漫才コンビのおぼん・こぼんが、それまで出演していた東京・赤坂のクラブ「コルドンブルー」をやめるというので、オーディションを受けてその後釜となった。

このときのオーディションの審査員で、コルドンブルーでショーの制作にあたっていたのが、日本テレビの名プロデューサーだった井原高忠である(井原はちょうどこの年、1980年に日テレを退職している)。石橋と木梨はオーディションに合格後、その井原から「プロになる気があるのなら、思い切ってやったほうがいい」と言われ、芸能界入りを決意、会社もやめた。井原には「とんねるず」というコンビ名もつけてもらう。これは、二人のイニシャルのTとNに由来し、「とんまとのろま」とどちらか選ぶように言われて選んだものだという(石橋貴明・木梨憲武...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月22日のレビュー記事
「今夜最終回「みなさんのおかげでした」とんねるずはお笑いの歴史に何を残したのか…改めて考えてみた」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    とんねるずは芸人だけどアイドルの側面もあったしヒーローでもあったんだよ

    16
  • 匿名さん 通報

    昔はホント面白くて嵌った。 インターネットのせいだけでなく、観る側がテレビを面白くさせなくしたのかもね。 あれだめ、これだめ。つまらん人間が増えたね。

    12
  • 匿名さん 通報

    ある人はいじめを受け、ある人は差別され、ある人は偏見に晒された。多くの人の苦しみの上にこの番組は成り立ってった。本当に笑えない番組だった。祝番組終了!

    10
  • 匿名さん 通報

    「いじめ」がお笑いの手法として許される、という誤った認識を流布させた

    9
  • 匿名さん 通報

    時代だね❗

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース