smadan

教育なのか、レクリエーションなのか スポーツ大国に存在する厳しいルール

教育なのか、レクリエーションなのか スポーツ大国に存在する厳しいルール

アメリカのミレニアル世代が「新しい情報をアップデートする」という意味で使う「Woke」をタイトルの一部に組み込んだ本コラムでは、ミレニアル世代に知ってもらいたいこと、議論してもらいたいことなどをテーマに選び、国内外の様々なニュースを紹介する。今回取り上げるのは、子供のスポーツ活動について。スポーツ庁は3月に中学生と高校生のクラブ活動に関する指針を公表し、2日以上の週休や1日の活動時間(平日)を2時間程度にするといった新たなガイドラインに、指導現場からは戸惑いの声も上がった。スポーツ庁の新指針には賛否両論あるが、アメリカでは「子供のスポーツ活動」に対して、より厳しいルールが存在する。

10才以下のヘディングは禁止
米サッカー協会の新ルールには驚きの声も


教育なのか、レクリエーションなのか スポーツ大国に存在する厳しいルール

昨年5月の話。英プレミアリーグの最終節で、ストークはベテランストライカーのピーター・クラウチのゴールを守りきる形で、サザンプトンに1-0で勝利してシーズンを終えている。2メートルを超える身長で知られるクラウチは、その体格を活かしたヘディングによる得点も得意としているが、サザンプトン戦での得点も、クロスに合わせたヘディングによるものであった。この試合でのゴールによって、クラウチはプレミアリーグにおけるヘディングの得点数を50とし、プレミアリーグ初となる「頭で50ゴール以上を記録した最初の選手」となった。

クラウチがプレミアリーグで記録した全ゴールの約半数はヘディングによるもので、過去の名ストライカーと比べても、ヘディングによるゴールの比率は非常に高い。サッカーにおけるヘディングでのゴールは、全体の数割程度と言われているが、「フットボール」という名前が示すように、世界各地のゴールネットを揺らすのは、ほとんどの場合は足から放たれたシュートである。それでも、ヘディングによるゴールで記憶に残るものは少なくないし、相手ボールのヘディングを使ったクリアは、サッカーの試合では普段の光景だ。

サッカーでは当たり前のように使われてきた(そして現在も使われている)ヘディングだが、脳震とうを引き起こす原因ではないかと考え始められ、頻繁にヘディングを行ってきたサッカー選手の間で引退後に認知症に苦しむ者が少なくないという現状も、近年の調査で少しずつ明らかになっている。90年代にイングランド代表のストライカーとしてゴールを量産したアラン・シアラー氏は昨年、英BBCのドキュメンタリー番組の中で元選手や医療関係者らにインタビューを行い、認知症に悩まされる往年の名選手が少なくない現実を紹介している。50年代や60年代にイングランドのプロリーグで使われていた革製のサッカーボールは300グラム程度と、現在のボールと大差ない重さだが、雨の日に行われる試合では多くの水を吸収してしまい、重さが倍近くに達していた。クロスなどで飛んでくる600グラムのボールをヘディングするのは、ボクシングの試合で頭部にパンチを受けるくらいの衝撃があるのだという。

ヘディングによる脳震とうの可能性は以前から指摘されていたが、昨年放送されたBBCのドキュメンタリーでは、将来的な認知症リスクを高める可能性も指摘された。サッカーにおけるヘディング行為が禁止されることは、少なくとも当面は無さそうだが、子供への指導でヘディングを敬遠する国も出てきた。米サッカー協会は2015年11月、10歳以下の子供のヘディングを禁ずることを発表した。この新しいルールはサッカー協会の傘下にあるユース代表や、サッカーアカデミーに所属する、いわゆるエリート選手のみが対象となっており、地域のサッカーチームや学校のサッカー部に適用されない。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年5月14日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース