review

第4回日本翻訳大賞は、1200ページ超えの大著『人形』と人気の韓国文学『殺人者の記憶法』

2018年4/28(土)、デジタルハリウッド大学駿河台ホールにて、第4回日本翻訳大賞授賞式が行われた。

翻訳書の振興を目的にスタートした同賞も、今年で4年目。チケットは、数日前の段階ですでにソールドアウトと、すっかり人気イベントだ。
第4回日本翻訳大賞は、1200ページ超えの大著『人形』と人気の韓国文学『殺人者の記憶法』
写真:tatsuki nakata

第4回の大賞受賞作は、『殺人者の記憶法』(キム・ヨンハ/吉川凪訳 CUON)、
第4回日本翻訳大賞は、1200ページ超えの大著『人形』と人気の韓国文学『殺人者の記憶法』

『人形』(ボレスワフ・プルス/関口時正訳 未知谷)の2作。
第4回日本翻訳大賞は、1200ページ超えの大著『人形』と人気の韓国文学『殺人者の記憶法』

今回も金原瑞人、岸本佐知子、柴田元幸、松永美穂、西崎憲という、日本を代表する翻訳家たちが選考委員として集結。ゲーム作家/ライターの米光一成の司会のもと、恒例の西崎バンドの演奏を皮切りに授賞式はスタートした。

今年もインターナショナルなラインナップに


まず、本賞の基本的な流れはこうだ。

前年に刊行された翻訳書のなかから、一般からの推薦作上位10作&選考委員推薦作5作の計15作が二次選考の候補作となり、それを選考委員が手分けして読み、最終候補を5作にまで絞る。そして選考会を開き、大賞を決定する。

西崎 本賞には3つの評価軸があると思っています。1つ目は翻訳の正確さと、そこに+αの芸があるかどうか。2つ目は、作品自体が面白いかどうか。3つ目は、日本の読者に紹介する意義があるかどうか。この3つのバランスを取るのが難しいですね。

ちなみに今回は、10位が4冊あったため、二次の候補作は計18冊にのぼった。また回を重ねるにしたがって、本のジャンルや内容、言語などもよりバラエティに富んだものになりつつあるという。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年5月13日のレビュー記事
「第4回日本翻訳大賞は、1200ページ超えの大著『人形』と人気の韓国文学『殺人者の記憶法』」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    このところ異様にゴリ押し感が増してるね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース