smadan

RPA導入でルーチンワークはどこまで効率化できる? 全社導入したヒューマンHDに聞く


RPAの今後と課題


――今回、ヒューマンリソシアが派遣スタッフ向けにRPAトレーニングを開始したのはどのような意図があったのでしょうか。
岡本 実務で活用できる派遣スタッフの育成に力を入れ、20年度末までの3カ年で1万2,000人の輩出を目指します。すでに「ウチでもRPAツールを導入したいが時間がないので、RPAを操作できる派遣スタッフをお願いできないか」という引き合いが多く来ております。当社では、当社で働いている派遣スタッフには、新しいITツールのトレーニングができる環境を整えたいと考えています。

――ヒューマングループ社員の研修は。
白井 ヒューマングループには各事業会社があり、その中にRPAも含むIT推進担当を設け、私がとりまとめています。各IT推進担当に対して、ヒューマンリソシアが実施しているRPA研修に参加することを勧めており、まずはRPAを理解してもらうことから始めています。ヒューマンリソシアが提供する研修には、初級・中級・上級編がありますが、研修後、自身でシナリオを作成し活用することに価値があるとIT推進担当に伝えています。スケジュール感としてはなるべく早く業務削減できるよう、シナリオを作ったらさらに改良していくことを今期中までにやりとげたいです。

――RPAツールですが、数字的な売上げはどの程度なのでしょうか。
岡本 導入の支援をしている企業が約130社で、教育研修を受けた企業は250社・1,300名に上っています。今は大企業が多いですが、中小企業にも広がり始めています。事業部単位で導入し、それから水平展開していく事例が多いです。

――ちなみにRPAを導入するリスクは何が考えられますか?
岡本 Excelマクロは属人化することがありますが、RPAでも属人化が起こりえます。誰が作ったか分からないロボットは「野良ロボ」と呼ばれていますが、作成者が転勤や退職などで不明になると、「野良ロボ」化するリスクが発生します。それをどう管理するかが問題です。
もう1つは、運用している中でエラーが発生した時の対応です。誰がエラーが起きないように管理していくか、エラーが起こった際の処理をどうするのかなど、運用体制を整えることが必要です。
RPA導入でルーチンワークはどこまで効率化できる? 全社導入したヒューマンHDに聞く
提供:ヒューマンリソシア

――今、日本全体が仕事の属人化の傾向が進んでいます。
白井 私どもはドキュメント化をルールづけています。情報システム部門が各部門に伝えているのは野良ロボ発生防止のため、シナリオを台帳化する必要があるということです。ツールが動いていても責任者が誰かを明確にしないと、トラブル発生時に対応者が不明確となり、対策が後手に回るリスクがあります。

岡本 RPA全体で言えばメーカーが統制強化を進めており、私どもも属人化のリスクについて使い手側のお客様に伝えています。すでに認識しているお客様も多くあります。最も重要なことは教育であるため、セミナー、研修などを通じてさまざまな情報を伝え、啓発活動を続けていきます。

――これから来たるべきRPA時代を迎えるにあたり、20代~30代男性はRPAをどう活用すればよいでしょうか?
岡本 RPAのツールや概念は今後とも拡大してくことが予測されます。当然、そうなればアンテナの高い20代~30代もRPAと向き合っていくべきです。RPAを活用できることで、社内では仕事の効率化で活躍する「できるビジネスキーパーソン」との評価も高まってきます。実は、そういう私も30代です。例えば、部署にエクセルのマクロが扱える若手社員が1人いると重宝されますよね。それと同じで、「岡本クン、これやっといってよ」と頼まれたときにRPAツールを使って自動化できたら、周囲から「すごいね」という評価が得られるイメージです。

――ありがとうございました。
(長井雄一朗)

あわせて読みたい

  • 進む働き方改革 副作用も

    進む働き方改革 副作用も

  • ホワイトボード選びでわかる企業の哲学

    ホワイトボード選びでわかる企業の哲学

  • オフィス勤務回帰の流れ?新しい働き方

    オフィス勤務回帰の流れ?新しい働き方

  • “長時間労働”全否定ツイートが話題

    “長時間労働”全否定ツイートが話題

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年7月9日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース