smadan

男性ひとりで学べる「料理教室アプリ」 デジタル技術でロジカルにコツ伝授

スマホで家事育児を支援する会社Fam-Time (ファム・タイム)が、父親の料理支援事業を行う株式会社ビストロパパと共同で、自宅で料理のスキルを学びながら料理ができる料理教室アプリ「FamCook (ファムクック)」を制作し、今年7月にリリースした。

開発したのは、自ら料理を作っているパパの一人でもある代表の西村威彦さんだ。自ら家庭で家族と一緒に日頃から料理をしながら試行錯誤で生まれたというこのアプリ。果たして男の料理をどう変えるのか。

自宅で料理のコツを学べるアプリ


男性ひとりで学べる「料理教室アプリ」 デジタル技術でロジカルにコツ伝授

FamCookをスマートフォンやタブレットで立ち上げると、まずは複数の料理の完成品の写真がずらりと並んだ画面が出る。作りたい料理をタップすると、その料理の材料とレシピが現れる。「音声ナビゲーションで作る」ボタンを押すとその料理の手順を写真とテキストと音声で案内してくれるしくみだ。これに沿って料理をし、音声コマンドで操作すれば、料理中、スマホやタブレットをいちいち触る必要がない。

●「ふんわりオムライス」のレシピ例(抜粋)
男性ひとりで学べる「料理教室アプリ」 デジタル技術でロジカルにコツ伝授

男性ひとりで学べる「料理教室アプリ」 デジタル技術でロジカルにコツ伝授


このアプリの特徴は、レシピでは伝えきれない料理のコツを、料理中に音声などで教えてくれるアプリだ。料理のコツとは、例えばどのようなことなのだろうか。

「例えば、『肉じゃがに向いているジャガイモの種類』であったり、『玉ねぎを切るときに目にしみないコツ』であったり、『煮物が冷めるときに味が染み込むのはなぜか』などのちょっとした料理のノウハウです。こういったコツはネットなどで調べることもできますが、字で読むよりも、料理教室のように料理しながら耳で聞くほうが、認知心理学的に覚えやすく、身につきやすいので、音声合成によって伝えるようにしました。今後は、これらのコツをユーザの料理のスキルレベルに合わせて最適なコツを提供するように、各ユーザの料理実績データを活用していく予定です」(西村さん)

男性ひとりで学べる「料理教室アプリ」 デジタル技術でロジカルにコツ伝授
玉子焼きのレシピ。作る際のポイントが随時案内される。


開発のきっかけは夫婦喧嘩が減ったこと


このアプリを開発したきっかけはどこにあったのか。

「最も大きなきっかけは、私自身が共働きのサラリーマン時代に、料理の頻度を増やしたことで夫婦喧嘩が減ったことです。さらにパパ料理研究家の滝村さんと出会い、世間のパパには自宅で料理を継続して欲しいとの強い思いに共感しました。そこで弊社が持っていた音声UI(ユーザインタフェース)やデータ活用などのデジタル技術を使えば、自宅で家族のために料理を作る実践の中で、料理教室でしか学べない料理のコツも同時に学べるアプリを作ることができると思い、一緒に作ることになりました」(西村さん)

あわせて読みたい

  • 家で作れる究極のカレー

    家で作れる究極のカレー

  • ネットスーパーで"家事ストレス"減らす

    ネットスーパーで"家事ストレス"減らす

  • Amazon Echoの音声ショッピングを体験

    Amazon Echoの音声ショッピングを体験

  • パスワードの使い回しからオサラバ

    パスワードの使い回しからオサラバ

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年8月31日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース