smadan

ドコモと楽天のポイント投資は何が違うのか 税金がかかる場合とは?

ドコモと楽天のポイント投資は何が違うのか 税金がかかる場合とは?
画像はイメージ

最近話題のポイント投資。ショッピングやゲームなどで貯めたポイントで投資ができることは、投資へのハードルが下がるのではないだろうか。ポイント制度によって投資の仕組みが異なるが、それぞれの特徴を知りつつ自分が貯めていて利用しやすいポイントを活用しよう。

投資ができるポイントは複数あるが、大きくわけるとドコモのdポイント、クレディセゾンの永久不滅ポイントといったポイント運用型と、楽天証券、トラノコのような現金運用型の2タイプがある。今回はこの4サービスに絞ってポイント投資について比較したい。


基本的には税金がかからないポイント運用タイプ


ポイント運用タイプの特徴は、貯めたポイントをそのまま、証券口座の開設なしに運用するもの。手数料がかからず運用でき、払い戻しもポイントとなる。そのため、利益確定してもポイント会社からポイントが付与されたものとみなされ、税務上は「一時所得」となる。一時所得の特別控除額は50万円で、この金額を超えないと課税されないため、基本的には税金はかからないと考えてもよさそうだ。

ドコモ/dポイント


ドコモと楽天のポイント投資は何が違うのか 税金がかかる場合とは?

手持ちのdポイントを「運用ポイント」に交換して運用する。100ポイント単位で運用でき、運用中のポイントの引き出しは1ポイント単位から。運用する投資信託は、以前執筆した記事内でも紹介したロボアドバイザー「THEO」を運営する株式会社お金のデザインがドコモに提供している2商品だ。

・アクティブコース:債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンを目指す
・バランスコース:株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンを目指す

自分のリスク許容度に合わせて選ぶとよい。
dアカウントのサイトにログインすると、ポイントが何ポイントになっているかすぐわかるし、ポイント追加や引き出しはリアルタイムでできる。

クレディセゾン/永久不滅ポイント


ドコモと楽天のポイント投資は何が違うのか 税金がかかる場合とは?

セゾンの永久不滅ポイントを運用口座にチャージして運用する。チャージは100ポイント単位。引き出しは1ポイント単位。投資商品は、投資信託コースと株式コースがある。

・アクティブコース:投資信託は、外国株式・外国債券を中心に積極的にプラスを狙い、年間15%ほどの増減を見込む
・バランスコース:国内債券を中心に安定的な運用を目指し、年間3%ほどの増減を見込む
・TOPIX(日本株)コース:東証株価指数(TOPIX)と連動
・VOO(アメリカ株)コース:米国大型株指数と同じ値動きをする上場投資信託であるVOOと連動
の4つがある。これらには手数料が発生しない。自動でポイントをつみたて運用することも可能だ。

株式コースは、StockPointに登録して始める。こちらはポイント交換レートがあり、少々ポイントが引かれる。つまり、手数料がかかる。

あわせて読みたい

  • 仮想通貨 投資するなら月収の何%まで?

    仮想通貨 投資するなら月収の何%まで?

  • NISA、つみたてNISA、iDeCoを比較

    NISA、つみたてNISA、iDeCoを比較

  • KyashとLINE Pay リアルカードを比較

    KyashとLINE Pay リアルカードを比較

  • 水道光熱費 ラクに節約するには?

    水道光熱費 ラクに節約するには?

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年9月27日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース