smadan

リファラル採用はコネ採用と何が違う? ブラック企業の指標にも

社員に人材を紹介・推薦してもらうリファラル採用が活発になっている。採用活動は一昔前であれば、人事部や総務部が一括管理していたが、人手不足も背景にあり、社員全員で採用活動を進めようという空気が広まっている。
リファラル採用の支援サービス「Refcome」を展開するリフカムは、同サービスをこれまで500社以上に導入した実績を持つ。同社の組織開発部部長兼広報責任者の小林佳徳氏に話を聞いた。
リファラル採用はコネ採用と何が違う? ブラック企業の指標にも
リフカムの小林佳徳氏


縁故・コネ採用と何が違うのか


――リファラル採用と昔の縁故・コネ採用はどう違うのでしょうか。
小林佳徳氏(以下、小林) リファラル採用は約3割の会社が導入をしていると言われています。しかし、制度はあっても形骸化している企業も多いです。
同制度が昔の縁故・コネ採用と異なるのは、下駄をはかせることがないという点ですね。今は人材の流動性が高まっており、気軽に転職する時代です。例えば転職した後、前職で一緒にチームを組んで働いていた人が優秀で、現在の会社に呼びたいという希望を提案したとします。ただ、その人がいくら優秀と強調しても会社の土壌に合うか合わないかは別問題でしっかりと試験・面接を行い、一定の水準以上であれば合格となります。

――最近、リファラル採用に力を入れる企業が増えてきましたが。
小林 エージェントに登録して転職活動を行う土壌が少しずつ積み上がっていますが、エージェントを通した転職は、実際に入社してみないとパフォーマンスが最大限発揮できるかわからないのです。
対して、リファラル採用は、友達同士の関係で、正直に会社の実情を話し、友達が相手に、「お前に向いていると思うよ」と助言することで相手の心が動き、「やってみよう」という場合と「今の会社に満足しているから別にいいや」と断る場合もあります。ですから、自分にその会社に合っているかどうかがリファラル採用で丸裸にされるようになりました。

――新卒の3割が3年以内に離職するのが当たり前の時代です。入社時の説明のイメージと合わないという声もあります。
小林 一括採用で有名な会社が大きなブースで、「当社はすごい会社です」とアピールしますが、入社したらギャップも激しく、新入社員も「これは目指していたものと違う」ということで辞めることもあります。昔だったら、だまして入社させて、本人も多少は我慢しつつ、先輩も、「社会はこんなものだよ」と言って指導していましたが、やはり、新卒者も、より自分にあった会社があれば転職する動きになっていることが昔と今の違いです。
リファラル採用ですと、友達にわざわざウソは言わないのでミスマッチが起こりにくいです。

あわせて読みたい

  • インフルエンサー枠に賛否 真意を聞く

    インフルエンサー枠に賛否 真意を聞く

  • "AI面接"はどこを見る? 最終判断は人

    "AI面接"はどこを見る? 最終判断は人

  • 魚釣りしつつ社長面接 ナゾ採用の狙い

    魚釣りしつつ社長面接 ナゾ採用の狙い

  • スカウトされやすいWantedlyプロフ文

    スカウトされやすいWantedlyプロフ文

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年10月12日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース