smadan

大企業社員→専業主夫で「男のプライド」失う 10年間考えた自分だけの“男らしさ”

専業主夫で一番つらかったのは「男のプライド」の喪失


専業主夫を10年間やってみて、大きく変わったのは僕の人生観です。もう少し具体的に言うと、僕が男としてどう男らしく生きるべきか、というイメージが変わりました。

主夫になった当初、一番辛かったのは「男のプライド」を失うことでした。10年経って、僕の「男のプライド」のイメージは全くの虚構だと気づけましたが、そこにたどり着くまでに、僕の場合は随分と時間がかかりました。
大企業社員→専業主夫で「男のプライド」失う 10年間考えた自分だけの“男らしさ”


男のプライドは「仕事」?


かつて僕がまだ会社員だった頃、僕は仕事をしていると安心できました。
誰もが知っている大企業の組織に属している、というのが快感でした。独身の頃に参加した合コンでは、社名を出せば女の子の反応が変わりました。会社近くの店、レストラン、空港などで「いつもご贔屓にしてもらってるから」と特別扱いを受けたこともあります。

もちろんこれは会社の名前のおかげ、ということもわかってはいたのですが、それでも自分が立派な人間であるという錯覚に酔いしれることができて気持ちよかったのです。

それにそもそも、仕事という行為は社会から称賛されるとても良いこととされています。それも当然、仕事は経済活動に貢献していますし、誰かの課題を解決するための能動的な行動です。「仕事だから」という理由は、他のなによりも優先される、くらいに思っていました。

また10~20代の頃、多くの女性から「仕事ができる男性はカッコいい、お金持ちはカッコいい」という話を聞きました。仕事をして偉くなればより大きな仕事に関われるし、給料も上がります。女性に認められたいと思う僕にとって、女性が一番求めているものに応えるのは男である僕にとって当然の行動でもありました。

僕にとって仕事は、男性にとっての「正解」の行為と信じて疑わなかったのです。

大企業社員→専業主夫で「男のプライド」失う 10年間考えた自分だけの“男らしさ”

主夫になって、全て失う


当然ですが、主夫になればこういった組織の肩書、地位や人脈、高い給料などをすべて失います。お金に関してはうちは共働きであったため、生活するのにはそんなに困るような状況ではなかったのですが、一番の問題は僕自身の価値観でした。

働いていた頃は「どこどこ(社名)のムーチョさん」だったのが、ただの「ムーチョ」になりました。主夫には名刺に書く肩書すらありませんし、そもそも名刺なんて必要ない世界なのです。完全な、“個人”です。

肩書は、僕の「男のプライド」そのものでした。肩書がない、これこそが専業主夫の辛さであり、似たような存在である「イクメン」との差だと思っています。

イクメンは素晴らしいことです。数か月、一年の育休を取るのはとても勇気がいることですし、会社の同僚から理解が無い中、自分の信念を貫くのは並大抵のことではないでしょう。僕もガチイクメンの友達はたくさんいるので、そういった話はよく聞きます。

ただ、話を聞けば聞くほど「やはりイクメンは主夫とはちがう」面も見えてきます。イクメンの軸足はなんだかんだいって会社にあるのです。イクメンのアイデンティティは、「◯◯会社の誰々さん」というところでは変わりません。

主夫からすると「今は一緒に育児トークができてるけど、一年後、この人はまた仕事社会に戻れるんだもんなあ…」と思ってしまうのです。

「この生活はこの先10年、いや、もしかしたらもう社会から必要ともされず、一生働けないかもしれない…!?」という恐怖、これはイクメンは感じない、主夫特有の悩みでしょう。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース