Dire Wolf 父はライブに来て「俺にはわからん」と言って帰って行った(笑)/インタビュー後編

 
Dire Wolf  父はライブに来て「俺にはわからん」と言って帰って行った(笑)/インタビュー後編

――【Dire Wolf】インタビュー前編より

最近は父もアドバイスしてくれたり、これを一緒にしようって提案してくれたりします

──歌詞はYuさんが一人で書くんですか?

Yu:はい。全部考えてます。曲がだいたい出来上がって、どんな曲なのかわかったところで、サビの歌詞から書きますね。

──一番言いたいことをまず言ってしまう。

Yu:曲の顔になる部分がサビだと思うので、サビにいい言葉を乗せたいから。そのあとで、そこに至る説明みたいな感じでAメロやBメロ部分を書いていきますね。

──メッセージ性の強い歌詞が多いような。

Yu:そうですね。なんとなくこんなこと考えてますっていうより、しっかりと言いたいっていう。どっちかというと感情面をバンと出したいほうで。景色が見えるような歌詞はあまり得意じゃないというか。体感できる痛みだったり苦しみだったり悲しみだったり、心の部分の気持ちを書くことが多いです。ただ「True end」という曲だけは情景を考えつつ、一つのお話にしようと思って書きました。

──まずストーリーを作って。

Yu:はい。意識不明の重体になったとき、頭の中で亡くなった彼女と再会して。その世界から出たら生きられる、けれどもその世界に留まれば彼女と一緒にいられるけど死んでしまう、っていう。そこでどういう選択をするかみたいな。この曲だけは唯一メロディーと歌詞を同じような感じで考えました。ちなみにこの曲、「簡単そうに聴こえて、歌ってみたらヤバいじゃん」って曲を作ろうと思って、音域が2オクターブくらいある振り幅の広い曲になってます。

──二人の音楽はメロディーと歌詞という歌にあたる部分と、トラックの部分が拮抗しているところがあって、そこが面白いですね。

SHISYO:そこを合わせるっていう発想がないので。

Yu:でも結果的にうまくハマってくれるんですよね。共存はしてるんだけど反発しあってるというか。うちの曲は、ボーカルがあって楽器がそれに合わせて、という感じじゃないので。みんな目立っていいよっていうバンドなんです。

SHISYO:それぞれが競い合うというか。サポートメンバーを含めて、言われた通りにやる人たちじゃないしね。

Yu:ちょっとジャズみたいだって言われたりもしますね。

あわせて読みたい

  • 遊助、25枚目のシングルはド直球のラブソング「俺と付き合ってください。」/インタビュー1

    遊助、25枚目のシングルはド直球のラブソング「俺と付き合ってください。」/インタビュー1

  • 高橋 優、1年続いた葛藤と上がった狼煙  アルバム『STARTING OVER』発売/インタビュー1

    高橋 優、1年続いた葛藤と上がった狼煙 アルバム『STARTING OVER』発売/インタビュー1

  • ラストアイドル「新曲はいろんな壁を乗り越えたからこそ、向き合って歌える曲」/インタビュー前編

    ラストアイドル「新曲はいろんな壁を乗り越えたからこそ、向き合って歌える曲」/インタビュー前編

  • 新曲リリースのHYDE×STARSET 日米盟友対談<前編>「友情関係はまだこれが始まりでしかない」

    新曲リリースのHYDE×STARSET 日米盟友対談<前編>「友情関係はまだこれが始まりでしかない」

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月19日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース