review

「A地点からB地点まで」平成の終わりに名盤・珍盤で振り返る『レコード越しの戦後史』

いよいよ平成もきょう4月30日をもって終わりを迎える。いまから30年前の1989年、元号が昭和から平成に改まってまもなくして、「さらば昭和よ」というシングルレコードがリリースされた。作曲と歌唱を務めたのは、「高校三年生」「北国の春」など数々のヒット曲を生み、没後には国民栄誉賞も受賞した作曲家の遠藤実である。

ライターでレコードコレクターとしても知られる、とみさわ昭仁の新刊『レコード越しの戦後史』(Pヴァイン)では、「さらば昭和よ」が次のように説明されている。

《A面「さらば昭和よ」では、傷ついて泣き、喜びに沸いた昭和の日々を哀切たっぷりに歌い上げている。一方、B面「平成日本音頭」ではガラリと調子を変え、希望あふれる新時代の到来を音頭のリズムで言祝いでいる》

はたして平成の時代は、このレコードのB面「平成日本音頭」で期待されたように、希望あふれるものになっただろうか。
エキレビ!でもおなじみのライター・とみさわ昭仁による新刊『レコード越しの戦後史』(Pヴァイン)。カバーの裏見返しの著者の写真がすごく気になるのですが……本書の第8章「モナリザ来日」と何か関係があるのかも!?

ザ・ぼんちのヒット曲はあの事件を歌ったものだった!?


『レコード越しの戦後史』は、昭和20年(1945)の敗戦から昭和が終わるまでに起こった事件や流行などを、その題名どおりレコードを通してたどったものである。あくまで出来事ありきなので、本書でとりあげられるレコードには、「リンゴの唄」や「岸壁の母」など戦後歌謡史でおなじみの大ヒット曲もあれば、先の「さらば昭和よ」のように大作曲家が手がけながらも知る人ぞ知る曲もあるし、さらには自主制作のため一部にしか出回らなかったマニアックな曲まで、じつに幅広い。そのセレクトはバラエティ豊かというか、アナーキーですらある。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク