ゆず、弾き語りスタイルで再びアジアへ   2年ぶり3度目の台湾公演に3000人
(C)SENHA&Co.

ゆずが、9月28日(土)29日(日)の2日間、台湾・台北のLegacyMAXにて『YUZU ASIA LIVE 2019 YUZUNOMI~拍手喝祭~』を開催した。

ゆずにとって台湾公演は、2016年の初アジアツアー、2017年の『YUZU ASIA TOUR 2017 UTAO』に続き、2年ぶり3度目。
今年6月には、台北アリーナにて開催された音楽アワード『第30回金曲奨』に日本人アーティスト代表として招かれ、台湾の人気シンガーソングライター蔡旻佑とともに代表曲「栄光の架橋」を披露。その話題も冷めやらぬ中、再び台湾でのライブが開催となった。

今回の公演は、今年5月に国内で敢行され、大成功のままに幕を閉じた日本音楽史上初の弾き語りドームツアー『ゆず弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~』をベースに、新たに構成を組み替えて行われた、北川悠仁、岩沢厚治の“ゆずのみ”による弾き語りライブ。過去の台湾公演はバンド編成でのツアーとなっていたため、弾き語りだけで構成されたアジア公演は今回が初となる。

ゆず、弾き語りスタイルで再びアジアへ   2年ぶり3度目の台湾公演に3000人
(C)SENHA&Co.

ゆず、弾き語りスタイルで再びアジアへ   2年ぶり3度目の台湾公演に3000人
(C)SENHA&Co.

国内ツアーと同じく、弾き語り最新曲「SEIMEI」~「青」の流れからライブがスタート。北川がこの日のために練習を重ね、習得した流ちょうな中国語を交えながら観客と一体になった「贈る詩」、会場の規模は違えど、まばゆい照明によって圧巻の世界観を見せた「マボロシ」に加え、台湾公演で追加されたヒット曲「雨のち晴レルヤ」、台湾でも人気のTVアニメ『クレヨンしんちゃん』の歴代主題歌「OLA!!」「マスカット」のスペシャルメドレーなどを立て続けに披露。


新曲「GreenGreen」や、台湾でも鉄板のナンバー「夏色」、アンコールラストには全編中国詞による「栄光の架橋」を披露。2日間で集まった約3000人の観客を沸かせた。

ゆず、弾き語りスタイルで再びアジアへ   2年ぶり3度目の台湾公演に3000人
(C)SENHA&Co.

ゆずは2020年春、15枚目となるオリジナルアルバムのリリースが決定。さらに、3月28日からは全国13か所24公演で約30万人を動員する全国アリーナツアーを開催。同ツアーのファンクラブ「ゆずの輪」会員最速先行チケットは、10月25日(金)よりスタートする。

セットリスト


1. SEIMEI~青
2. 贈る詩
3. 雨のち晴レルヤ
4. 陽はまた昇る
5. 嗚呼、青春の日々
6. マボロシ
7. 栄光の架橋
8. OLA!!
9. マスカット
10. GreenGreen
11. 夏色
12. SEIMEI
13. タッタ
14. 栄光の架橋(中国語バージョン)