「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

       
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

2019年、夏の全国ツアーで20公演を走り抜けた、うらたぬき、志麻、となりの坂田。、センラで構成される「浦島坂田船」。今宵は装いを変え、浦島坂田“幽霊”船として、横浜アリーナに寄港した。

彼らのハロウィン公演も、数えれば3年目。今年は『Happy Halloweeeen 浦島坂田幽霊船~ようこそ令和元年 やっぱり霊はあかんねん 憑依GO!~』と題し、2日間に渡っての開催だ。10月22日に兵庫県 ワールド記念ホールで、そして24日には自身初でもある横浜アリーナで開催。本稿では24日の模様をレポートする。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

廃墟を思わせるメインステージにはジャック・オ・ランタンがあしらわれ、期待に胸を高鳴らせるcrew(浦島坂田船のファンの呼称)を怪しく誘う。定刻を迎え、厳かなナレーションが語り始めたのは、共栄していくはずだった2つの名家と、開催されるはずだった舞踏会の物語。悲劇によって未来と平和は奪われ、300年が経った今もなおさまよい続ける魂が今夜、ここ横浜アリーナに集ったという。

そしていよいよ、失われた舞踏会の幕が上がる。オープニングを飾るのは、今年のハロウィン曲「HORRORISM」。最初は浦島坂田船の姿がなく、映像と音声のみの登場という、まさしく幽霊を思わせる演出。曲の途中にモニターが上下に分かれ、その間から4人の姿が現れた。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

「おい横浜、声出せんのか!」と、舞踏会にしてはやや荒々しく口火を切ったのは、足軽ゾンビに扮し、傷メイクや血のりを施した志麻。うらたぬきは悪魔として頭から黒い角を生やし、となりの坂田。は首からロザリオを提げて神父、センラは青いジャケットを纏った貴族と、それぞれに仮装しての登場だ。いつもとは違う衣装や物語性のあるコンセプトでライブを楽しめるのも、ハロウィン公演の大きな魅力と言えよう。そのまま、昨年のハロウィン曲「グリムメイカー」を歌い上げた。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」のイントロを合図に、4人は花道を歩いてセンターステージへ。間奏の音に合わせてポーズを決めたり、<お迎えに上がりました>の部分では腕をふって恭しくお辞儀をするなど、歌唱だけでなく細かな演出の部分でも楽しませることを忘れない。コール&レスポンスで盛り上がる「ハロウ!ゴーストシップ」で一体感を最大まで高めると、そのままペア歌唱パートへ。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

……が、カボチャのいたずらによって、うらたぬき・となりの坂田。、志麻・センラが入れ替わってしまう。そのまま最新アルバム「$HUFFLE」収録曲を、シンガーを変更して展開。すなわち、うらたぬき・となりの坂田。の「Trip-Trap, Love Trap!!」を志麻・センラが、志麻・センラの「決戦前夜」をうらたぬき・となりの坂田。が歌ったわけである。今までにあまりない、斬新な試みにcrewは大熱狂だ。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

寸劇を経て、10月18日に発表された新曲「ハングリー・ゴースト」。ボカロP界の巨匠的存在・DECO*27が作詞曲を担当し、「Gimmie, Gimmie, Gimmie,」と繰り返すフレーズに自然と体が揺れるハロウィンナンバーだ。「舞踏会」というテーマを体現するように、今回の公演は振付のある楽曲が多い。ダンサー陣も交えて横長の空間を贅沢に使い、様々なエンタメが飛び出す彼らのステージは、それこそ魅惑的なお菓子箱のようだ。4人は浦島坂田船としてのライブに加えてソロライブやペアライブ、そして個々のゲスト出演など、ライブ尽くしの1年を過ごしてきた。小気味好いMCトークも含め、そのステージングには貫禄すら漂い始めている。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

後半戦、4人はアメカジファッションにスタイルチェンジ。ライブで必ず盛り上がる定番曲「Starry Cruise」が始まると、トロッコで、緑、紫、赤、黄の4色に光るペンライトの大海原へ乗り出した。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

メインステージに戻り、ここからは1人ずつソロ曲を披露していく。となりの坂田。は「ビターチョコデコレーション」で覆面のメイドダンサーとともにダークな世界観をつくり上げ、新たな表情と可能性を見せた。「最適解」を担当した志麻は、胸に手を当てながら、1つひとつの音を丁寧に刻み歌う姿が印象的だ。センラは「コールボーイ」で美声を響かせたり、荒々しいがなりを挟んだりと、年々磨かれていく巧みな歌唱技術でcrewを翻弄する。自身の魅せ方を知り尽くしているうらたぬきは、指先まで丁寧な仕草で「誘惑」を披露し、熱視線を独り占めした。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

夏ツアーの代名詞的ナンバー「ポーカーフェイク」は、全員で大人の余裕たっぷりに。そのまま和風曲「花吹雪」「千本桜-guitar rock arrangement ver-」と続け、モニターの桜が突如クリスマスツリーに変われば、2016年発表のラブソング「Snow melody」をロマンチックに歌い上げた。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

「いつか、『浦島坂田船っていうよくわかんないグループいたなあ』とか、『その時推してて楽しかったなあ』っていう思い出をしっかりと記憶に留めてほしいです。約束できますか?」(うらたぬき)と問いかけ、crewの元気な返事に満足げな表情を見せると、本編最後の「カレンダーリマインダー」を披露。実は現在、彼らを題材としたTVアニメ「浦島坂田船の日常」が放送されており、同曲はそのOP曲である。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

鳴り止まないアンコールに応え、パーカー・Tシャツに着替えた彼らはなんとステージと反対側、会場後方から現れた。crew達がそれに気付くとほぼ同時に、聞き慣れた「Shouter」のイントロが流れる。今日1番のサプライズ演出に会場が歓喜する中、先ほどトロッコで通過した道を今度は自らの足で、4人は歌いながら歩んでいく。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

ステージに戻ると記念撮影を経て、本日そして今年最後の曲。TVアニメ「イナズマイレブン オリオンの刻印」のED曲であり、つんく♂が手がけたことでも話題を集めた「明日へのBye Bye」だ。ライブの終わりが示すのはお別れではなく、また会うための約束―。そんな風にポジティブに考えてしまうほど、彼らの歌は聴く者に希望を抱かせる。全25曲を終えステージを去る際に彼らが残した、思い思いの愛のセリフ。また来年彼らに会える日まで、crewの胸に大切にしまわれることだろう。
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

センラ:みんな楽しかった?君は楽しかったですか? じゃあ、次までのデートプラン、また俺考えとくからな。

となりの坂田。:ええっと、どうも坂田です。今日はありがとうございました。僕はデートプラン考えるの苦手なので、一緒に考えよ!

志麻:どうも志麻でーす。そうだな、みんな今日楽しかった?このあと、もっと楽しませてやるから。大好きだー! センキュウ!

うらたぬき:みんな楽しかったかー! ちょっと目つぶってください(カメラに向かってキス)。あ、しちゃったけど……な、内緒だぞ!
「推してて楽しかったな、という思い出を記憶に留めてほしい」 浦島坂田船、初の横アリでハロパ開催

取材・文/ヒガキユウカ
撮影/小松陽祐(ODD JOB)、堀卓朗(ELENORE)

<セットリスト>
01. HORRORISM
02. グリムメイカー
03. ゴーストルール
04. 拝啓ドッペルゲンガー
05. Mrs.Pumpkinの滑稽な夢
06. Happy Halloween
07. ハロウ!ゴーストシップ
08. Trip-Trap, Love Trap!! / うらたぬき・となりの坂田。→志麻・センラ
09. 決戦前夜 /うらたぬき・となりの坂田。
10. ハングリー・ゴースト
11. Starry Cruise
12. Fortune!!
13. ARK
14. ビターチョコデコレーション / となりの坂田。
15. 最適解 / 志麻
16. コールボーイ / センラ
17. 誘惑 / うらたぬき
18. Beetle Battle
19. ポーカーフェイク
20. 花吹雪
21. 千本桜-guitar rock arrangement ver.-
22. Snow melody
23. カレンダーリマインダー
Encore
En-1. Shouter
En-2. 明日へのBye Bye
※「Shouter」の「e」はウムラウト付きが正式表記。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「浦島坂田船 + ライブ」のおすすめ記事

「浦島坂田船 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月1日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 浦島坂田船 ライブ

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。