review

「ときめきトゥナイト」と「りぼん」のふろくで蘇るあの頃、ゆかしなもんと名久井直子が憧れの池野恋に聞く

3大少女漫画誌の『りぼん』(集英社)、『なかよし』(講談社)、『ちゃお』(小学館)を中心に、『マーガレット』(集英社)、『別冊マーガレット』(集英社)、『花とゆめ』(白泉社)、『LaLa』(白泉社)。廃刊になってしまった『ひとみ』(秋田書店)、小学館の学年誌など、80年代少女向け雑誌のふろくがズラッと10年分1000点が並ぶカタログみたいな本が出た。掲載のグッズはすべて著者・ゆかしなもんのコレクションだ。〈文中 敬称略〉
「ときめきトゥナイト」と「りぼん」のふろくで蘇るあの頃、ゆかしなもんと名久井直子が憧れの池野恋に聞く
「'80s少女漫画ふろくコレクション」昭和的ガーリー文化研究所 ゆかしなもん・著(グラフィック社)

この本の刊行記念トークイベントが、2019年11月10日に青山ブックセンター本店(東京都渋谷区)で開催。80年代『りぼん』(集英社)を語るときに欠かせない名作「ときめきトゥナイト」の作者・池野恋と、池野の近年の作品の装丁を多く手がけているブックデザイナーの名久井直子がゲストとして登壇した。
ゆかしなもんと名久井は、ふたりとも80年代に「りぼんっ子」だった直撃世代。子供の頃の憧れの漫画家に、長年の思いを直接ぶつける機会となった。
「ときめきトゥナイト」と「りぼん」のふろくで蘇るあの頃、ゆかしなもんと名久井直子が憧れの池野恋に聞く
左から著者・ゆかしなもん、ブックデザイナー・名久井直子、池野恋

作者と使う側、それぞれの思い


ゆかしな:「当時の『りぼん』は8大ふろく、10大ふろく……と豪華なふろくが毎号付いていました。なかでも池野先生のものは大人気で、私が当時もっとも衝撃的だったのは、このカラーサインつきサイン帳。池野先生の自画像とサインが付いてたのがすっごくうれしかったんですよ!」
「ときめきトゥナイト」と「りぼん」のふろくで蘇るあの頃、ゆかしなもんと名久井直子が憧れの池野恋に聞く
りぼん1983年3月号ふろく「池野恋・カラーサインつき ランゼサイン帳」(C)池野恋/集英社

池野:「私はすっごくイヤでした(笑)。自画像にサインまで……なんだか恥ずかしくて。」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。