HYDE “良き理解者”とつくり上げた狂騒のライヴをもって、『ANTI』ここに完結――

HYDE “良き理解者”とつくり上げた狂騒のライヴをもって、『ANTI』ここに完結――
撮影/岡田貴之、田中和子

HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL

2019.12.08(SUN) at 千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホール


「SET IN STONE」のショッキングな幕切れに思わず声を上げそうに


HYDEが最新アルバム『ANTI』を携え6月にスタートしたツアーが、アメリカ・ツアーを経て12月7日(土)・8日(日)、幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて凱旋公演。『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』と題したファイナル2デイズのうち、本レポートでは最終日8日(日)の詳細をお届けする。

黒地に蛇と赤い林檎のロゴが描かれた幕に「16:60:00」と時刻が示され、デジタルビートのSEに乗せてカウントアップ。5秒前からは観客も声を出して数え、HYDEお馴染みの定刻666(17:06)を迎えた瞬間、幕が下りて映し出されたのは、妖しく青味がかった夜の街。近未来のようでありながらノスタルジックな匂いも漂うビル群である。

あちこちに炎が燃え立つ中、「This is Neo Tokyo」と警報のようなアナウンスが繰り返され、マスクで顔を覆ったメンバーたちの姿が闇に不気味に浮かび上がる。スリリングなムードの中、重々しく鳴り始めたのは「WHO'S GONNA SAVE US」のイントロ。天から射し込む光のようなスポットを浴びたHYDEは、パトカーのボンネットに腰を下ろし抑制的に歌い出した。

顔の右半分を覆う黒い仮面、輝く淡いブロンド、唇から大きくはみ出した深紅のリップ。やがて立ち上がると、全身から怒りと悲しみを迸らせるような、息も絶えんばかりの渾身の絶唱を響かせる。ラウドなバンド・サウンドと情緒的なメロディー、緩急を自在に操るエモーショナルな歌声。映画の世界に迷い込み、ダークヒーローの覚醒の瞬間を目撃したような、HYDEの築き上げたライヴ空間に深く引き込まれるオープニングだった。

「さあさあさあ、やっちまおうぜ、幕張!」とHYDEは煽り、「AFTER LIGHT」へ。激しく髪を振り乱し、パトカーから降りてセンターへと歩み出る。大きく両手を広げた姿は、オーディエンスの大合唱を指揮するというよりは、すべての声を漏らさず受け止めよう、というコミュニケーションのためのアクションに見えた。艶めいた声色は荒々しく変化していき、狂気を帯びた高らかな笑い声で締め括る。ブラックライトでマスクは青白く、浮かび上がり、まるでモンスターのように見えた。

HYDE “良き理解者”とつくり上げた狂騒のライヴをもって、『ANTI』ここに完結――
撮影/岡田貴之、田中和子

「FAKE DIVINE」の浮遊感あるギターフレーズが響き始めると、HYDEはフェザータッチと呼びたいほど柔らかく歌い始めたが、サビでは急変、激情を解き放つ。喉の奥をこするような異音を織り交ぜた、凄みのあるヴォーカリゼーション。刻々と声の表情を変えていく圧巻の歌唱に、息を呑むばかりだった。

「Ladies&Gentlemen、ようこそ“ANTI FINAL”へ! 今日は楽しみでしょうがない。俺の観たことないの、観られるんでしょ? 俺たちでつくってきたよな?」とHYDEはオーディエンスに注意喚起。するとステージから降り、フロアを進んでいきながら、激しく上半身を揺らしつつ「INSIDE OF ME」を歌唱。ハードコア・パンク、ミクスチャー系の屈強なバンドマンのそのような姿は観たことがあるものの、まさか……と、驚きが心に広がるのを禁じ得ない。「カモン!」と呼び掛けしばしば観客の歌声を求めながら、不安定な体勢で歌い遂げたHYDEの全身から、並々ならぬ気迫が伝わって来たのだった。

ステージへ戻ると、次はVAMPSの「DEVIL SIDE」を披露。左右の端まで行き来して動き回り、美しいファルセットを交えながら歌唱した。間髪入れず「TWO FACE」が始まると、HYDEはマスクを外し、挑むような鋭い眼差しが最大限に強調される。グリーンと赤の光の中、崩れ落ちるように頭を下げていたかと思えば、終盤では再び立ち上がって、全身で音楽を表現するのだった。

雨音が響き渡ると、ステージには雨が降り出し、カンカン!と耳をつんざくような金属音、サイレンが響き、パトランプが点滅。恐怖と不安が生じたところへ、軍帽をかぶりフラッグを括りつけたマイクスタンドを背負うHYDEが登場、「SET IN STONE」を歌い始めた。目は虚ろに青く光り、先ほどまでとは人格が変わったかのように、動きがスローになっている。朗々と歌い上げた末、サビで突如儚げで危うげな声色に切り替わった途端、意表を突かれると同時にグッと引き込まれた。次の瞬間には再び力むように声の圧を高めていき、重厚なバンド・アンサンブルと歩幅を合わせるようにしてピークに達する。シンセの音色のみに切り替わり、目を閉じて柔らかく歌った後、フラッグを投げ捨ててラストへ。ハンドマイクを銃に見立てゆっくりと狙いを定めるように左右に泳がせた後、最後は自らの口へ突っ込むと、銃声が鳴り響く。ショッキングな幕切れに思わず声を上げそうになった。

HYDE “良き理解者”とつくり上げた狂騒のライヴをもって、『ANTI』ここに完結――
撮影/岡田貴之、田中和子

真っ暗になった無音の会場。衝撃の余波が消えない中、オレンジと赤の光が天井から差すふもとにはhico(Key)が佇み、詩的な分散和音の音色をピアノで奏で始めていく。哀切を帯びたノスタルジックなフレーズに時折、宇宙との交信音を傍受したかのような機械音が紛れ込み、過去と未来が混然一体となったような音のカオスに心地よく酔った。

それらが鳴り止んだ瞬間、木漏れ日のようなピンスポットを浴びてHYDEが歌い始めたのは「ZIPANG」。漆器の艶のごときしっとりとしたピアノ演奏に、HYDEの叙情的な歌唱が絡み合う。澄み渡った凛とした歌声、内なる炎に身を焦がすような荒々しい歌声、時空の彼方へ届けようと挑むような叫び声に近い歌声……<映りせや 今も>と結ぶ潤んだような歌声は、虚空を見つめる眼差しと共に物問いたげで、深い余韻を残したのだった。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。