仏教と花の深い結びつきについて

仏教と花の深い結びつきについて
拡大する(全3枚)

仏教と花には、どのようなつながりがあるのでしょうか。私たちは、お墓参りで何気なく花を供えていますが、実は、花を供えるという習慣には、仏教的な意味があるのです。
また、仏様の座る蓮華座、「南無妙法蓮華経」という言葉に表されるように、蓮の花と仏教の教えには密接な関係があります。
そこで今回は、花を供える仏教的な意味や、仏教と蓮の花などについてまとめました。


仏教と花の関係性とは

仏教と花には、密接な関係があります。私たちが何気なく行っている、仏壇やお墓に花を供えるという行為も、実は仏教的な意味合いがあるのです。
花は、厳しい自然の中で耐え抜き、美しく咲き続けます。その花の姿が、厳しい修行に耐え悟りを開く、仏教の教えと重なるとされているようです。そのような考え方からお供えする花を仏花と呼び、仏壇やお墓などに花を供えるようになったといわれています。
また、残された人が死者の冥福を祈り、弔うためでもあります。仏教の儀式で用いる仏具の三具足では、花を供えるための花立ても入っており、仏教での花の重要度の高さが伺えます。


仏教と蓮の花

仏教と花の深い結びつきについての画像はこちら >>
仏教では蓮の花は仏様が座る蓮華座など、至る所で用いられており、重要な意味を持っています。

蓮の花は、田んぼや沼などの濁った泥水で咲きますが、泥の中から育ち、美しく咲く様子が仏教のあり方に通じるとして、仏教の重要な象徴となっています。
つまり、泥を人間の煩悩や苦しみに見立て、どのような苦難が人生の中にあっても、心を汚れさせることなく美しく生きましょう、という仏教の教えが蓮華には込められているのでしょう。
また、泥水に浮かんで咲いている蓮の花は、仏教の「苦しみや悲しみを経験しなければ悟りを開くことはできない」とする教えも表現されているといわれています。以上のことから、蓮の花は、仏教にとって非常に意味が深い花であることがわかります。


この記事の画像

「仏教と花の深い結びつきについて」の画像1 「仏教と花の深い結びつきについて」の画像2 「仏教と花の深い結びつきについて」の画像3

当時の記事を読む

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク