GENERATIONS片寄涼太、オーディション落選時の心境を振り返る「プツンって…」

記事まとめ

  • TBS系列『週刊EXILE』にGENERATIONSの片寄涼太が出演した。
  • オーディション落選を振り返る場面があった。
  • 「普通の生活とは違う時間がやっと終わったんだと思った」と語った。
GENERATIONS片寄涼太、オーディション落選時の心境を振り返る「プツンって…」

11月11日深夜、TBS系列『週刊EXILE』に片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)が出演した。



番組の中で『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2』についての話題が展開され、オーディションに出場した片寄と数原龍友(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が当時を振り返るシーンがあった。



他のメンバーから“合格発表で他の人が選ばれた際の心境”について聞かれると、数原は「(夢が)一気にドカンと崩れ落ちた感じだった」「全力でやってたから、ドカンって一気に崩壊した感じだったね、あの時は」と当時を回想。



これを受け、片寄は「俺はね、普通の生活とは違う時間がやっと終わったんだと思った」と切り出すと、「気張ってるからさ、もうみんなずーっと」「だから、プツンってこう『は…!』ってなった。『終わったんだ』って」と合格発表がされた際の心情を明かしていた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

片寄涼太のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「片寄涼太」に関する記事

「片寄涼太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「片寄涼太」の記事

次に読みたい「片寄涼太」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク