月9「ラヴソング」菅田将暉の過激シーンに「押し倒されてみたい笑」「見るしかねえ」の声。福山は新曲の公開を発表。

月9「ラヴソング」菅田将暉の過激シーンに「押し倒されてみたい笑」「見るしかねえ」の声。福山は新曲の公開を発表。

昨晩第6話が放送された、フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」。



第5話の終わりで放送された予告編では、菅田将暉演じる天野空一が、ピンクの照明の部屋で女性をベッドに押し倒すシーンが放送され、これを見た視聴者からは「今日のラヴソングの菅田将暉やべぇな」「菅田くんに押し倒されてみたい笑」「ラヴソング菅田くんの使い方熟知しすぎ!!!!!!!!!ラブホで押し倒す年下男子やらせんの大正解すぎ!!!!!!!!!!!!」「菅田将暉が『早く服脱げよ』と女性を押し倒すシーンで危うく理性が崩壊しかけた日曜日」「CMで菅田将暉がおにゃのこをベッドに押し倒すシーンやってて見るしかねえなってなった」と言った声が続々と上がっている。



また、福山雅治はオフィシャルTwitterで「本日Soup配信スタート。そして夜には3曲目の新しい歌が。ドラマの中で新曲が生まれるって不思議な感覚です。怒涛の展開が待っているラヴソング第6話は今夜21時から。福」と報告しており、新曲の公開も心待ちにされるところだ。



【6話あらすじ】
レコード会社の弦巻竜介(大谷亮平)にラブソングを作るように言われた神代広平(福山雅治)は、宍戸夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始める。



一方、中村真美(夏帆)は、佐野さくら(藤原さくら)と天野空一(菅田将暉)を仲直りさせようと、野村健太(駿河太郎)も呼んで、アパートで食事会。だが、すでに2人の関係は修復済み。それどころか、さくらは別のレコード会社から声をかけられていることを、真美は空一に知らされた。しかし、真美は空一がさくらに、まだ想いを寄せていることを知っている。さくらは、空一ではなく神代を想っていることも…。


あわせて読みたい

気になるキーワード

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年5月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。