山田涼介、主演ドラマ『俺かわ』で見せる新境地!俳優としての実力を高めてきた役作り

山田涼介、主演ドラマ『俺かわ』で見せる新境地!俳優としての実...の画像はこちら >>



4月16日より放送が開始されたテレビ朝日系ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』で主演を務める山田涼介は、Hey! Say! JUMPのメンバーとして活動する一方、さまざまな映画やドラマに出演するなど、俳優としても活躍を続けている。本記事では、そんな彼のストイックな役作りや、影響を受けた俳優仲間の存在などから、“俳優・山田涼介”としての姿にフォーカスする。



2015年に主演を務めた『映画 暗殺教室』にて、「第39回日本アカデミー賞」新人俳優賞、そして同年公開された映画『グラスホッパー』では、「第25回日本映画批評家大賞」新人男優賞も受賞するなど、アイドルの枠を超えた活躍を見せている山田。このほかにも、ドラマ『金田一少年の事件簿N(Neo)』(2014年)や、映画『鋼の錬金術師』シリーズといった人気作品の実写化などにも幅広く出演している。



そんな山田は、役作りについてもストイックに行っているようで、過去のテレビ番組では、同じ事務所の先輩である岡田准一に“筋トレを教えてほしい”と声をかけ、紹介されたパーソナルトレーナーの下で、元々着用していた衣装がサイズアウトしてしまうほどの体作りに励んだことを明かしていた。また、映画『鋼の錬金術師』の続編が、今年5月と6月に2部作で公開されることが決定しているが、同作の撮影にあたっても、山田はクラインクインの半年前から食事制限や体作りを始めたと公式サイトに寄せたコメント内で明かしており、役作りへのモチベーションの高さがうかがえる。