植城微香、応援してくれるファンへの“感謝”明かす「どれだけがんばろうって思えることか」

植城微香、応援してくれるファンへの“感謝”明かす「どれだけが...の画像はこちら >>



2018年、19歳で路上ライブを中心に音楽活動を始めた植城微香さん。洋楽に影響を受けたスケールの大きな楽曲と華のあるステージングが魅力のシンガーソングライターです。

2019年には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で、年間150本のライブを行うシンガーソングライターと紹介されるなど、早くも注目を集めました。2021年末には、日本テレビ系『歌唱王~歌唱力日本一決定戦~』にて、番組史上初のギター弾き語りスタイルで出演し、鮮烈な印象を残しています。そして今年6月15日、初の音源「24 hours」で、配信デビューを果たしました。

今回は、そんな植城さんに、影響を受けたアーティストや、音楽活動を続ける上でのモチベーションなどについて伺いました。



ーー植城さんは洋楽に影響を受けているそうですが、憧れのアーティストや目標にしている方などがいらっしゃれば、教えてください。
 
影響を受けたアーティストはOne Directionです。中学3年間はOne Directionでできていると言っても過言ではないくらい。



学校でも休み時間ずっとその話をして、お昼休みに流れる曲がOne Directionの日には、少しでも静かなところに行って曲を聴きたくて、誰もいない空いてる教室に友達とこもったりしてました。学校が終わって家に帰ったらOne DirectionのYouTubeをずっと見ていましたね。



高校もOne Directionが何を言ってるのか知りたくて英語科のあるところを選んだんです。私も誰かの人生に影響が及ぶほどハマってしまうような音楽を作りたいですね。
 
ーー作詞作曲をする上で大切にしていることは何ですか?
 
大切にしていることは“気持ちいいかどうか”なので踊りながら作ることも多いです。「24 hours」も、元バイト先の屋上を店長にお願いして貸してもらって作ったんですよ。凄い広い屋上なのですが、踊りまくりながらサビアタマのメロをまず作ったのを覚えています。
 
ーー植城さんは他のアーティストのカバーなどもされていますが、カバーをする上で心がけていること・意識していることはありますか?
 
アーティストご本人への尊敬を忘れずに、私なりに少し斬新で、新鮮な音でカバーアレンジさせてもらうようにしています。