山田裕貴、松本潤の“気遣い”に恐縮した出来事を明かす「いくら先輩とはいえ…」

山田裕貴、松本潤の“気遣い”に恐縮した出来事を明かす「いくら...の画像はこちら >>



6月27日深夜放送のニッポン放送『山田裕貴のオールナイトニッポンX(クロス)』に、山田裕貴が出演した。



番組のフリートークで「ちょっとね、ここ最近でですね、あるお店で心残りがあってですね…」と切り出すと、以前映画の撮影中に自分へのご褒美にある高級な飲食店に入って食事をしていたところ、監督と居合わせご馳走になることになってしまったと説明。



その上で、NHK大河ドラマ『どうする家康』の撮影が始まり、同じ飲食店に行く機会があったので、マネージャーと1番高いものを頼んだら、後から松本潤がプロデューサーやマネージャーらと共に入ってきたと明かした。



そして「実はですね、この以前にも松潤さんとご飯行かせてもらうタイミングとかがあって、その時にご馳走してもらったんですよ」「毎度毎度やっぱりいくら先輩とはいえ、ご馳走してもらうのも申し訳ない気持ちはあるんですよ」と早く会計を済ませてしまおうと急いで食べたと話した。



だが、松本は自分のマネージャーに山田と山田のマネージャーの分も自分が払うように指示したとして、「松潤さん、見えてないわけないんだよ!ほんっとに現場でもスタッフさんのことを気にかけて、キャストのことだけじゃなくて、ほんとに幅広く目線を向けて、いろんな人の名前も覚えて、いろんな人のこと見てる人だから…」と話しつつ、奢ってもらうことになり申し訳なかったと語っていた。