2030年にはレベル5の全自動運転車が普及? 「レベル3の壁」を突破する鍵は?

2030年にはレベル5の全自動運転車が普及? 「レベル3の壁」を突破する鍵は?

 自動車の自動運転技術がいよいよ本格化してきた。矢野経済研究所が5月8日に発表したADAS(先進運転支援システム)及び自動運転システムの世界市場の調査報告によると、2018年の世界搭載台数は、前年比24.3%増の2385万4000台。その内、88.7%にあたる2114万8000台は車両制御に係る運転操作の一部を行うレベル1のシステムを搭載した自動車だが、ステアリング操作とアクセルやブレーキの制御を同時に行うレベル2の運転支援システムを搭載した自動車も270万4000台となっており、日欧の自動車メーカーの高級車・中級車を中心に採用が広がっていることが分かった。また、同社の予測では、2023年にはこのレベル2の運転支援システムがレベル1の搭載台数を上回り3289万8000台にまで拡大すると予測している。さらに、2030年になると、限定された条件のもとでシステムが全ての運転タスクを実施してくれる レベル4、限定条件なしにシステムが全ての運転タスクを実施してくれるレベル5の搭載車も1530万台に成長すると見込んでいる。


 しかしながら、この予測を実現するには、未だ大きな問題が立ちはだかっている。それが「レベル3の壁」といわれるものだ。現在普及しているレベル1やレベル2のシステムは、自動運転技術とはいえ、ドライバーが主体の高度な運転アシスト機能といわざるを得ない。それに比べて自動運転技術のレベル3は、限定された条件や、緊急時には運転者が操作を行う必要はあるものの、基本的にはシステムが全ての運転タスクを実施してくれる。一般的なユーザーが想起する「自動運転」とは、このレベル3以上なのではないだろうか。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。