AKB48のボーカルがとにかく気持ちいい マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

AKB48のボーカルがとにかく気持ちいい マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤
拡大する(全2枚)
AKB48『ラブラドール・レトリバー』
 西新宿在住のスーパーギタリスト〝マーティ・フリードマン〟が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ-POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 今回はオリコンデイリーシングルチャートで、初登場、推定146.2万枚を記録した大ヒットシングルを分析!#11_AKB48『ラブラドールレトリバー』  つい先日、この連載で「プロフェッショナルな楽曲&サウンドにアイドルっぽい声=アマチュアっぽい声を乗せるという手法は1960年代のアメリカにもあった」という話をしたよね? 実はその代表格がAKB48だとボクは思っている。  特に『ラブラドール・レトリバー』を聴いてみてよ。音楽に詳しい人ならわかると思うんだけど、このメロディセンス、楽曲アレンジは1960年代のアメリカのアイドルサウンド=バブルガムポップにそっくりなんだ。当時のアメリカにはこういうハッピーなサウンドが一杯あったんだけど、ボブ・ディランやビートルズが出てきたくらいから、どんどんなくなっていっちゃったんだよね……。  で、この曲でもそうなんだけど、AKB48の曲ってサビがとにかく気持ちいい。心地いいよね。実はこれには大きな秘密があると思っている。  彼女たちの曲の多くは、大人数による合唱によって歌われているよね。でも、ボクの耳で聴くと、メインとなるのは2~3人のボーカルの歌声を多重録音でたくさん重ねたもので、その後ろに他のメンバーの合唱を薄く敷き詰めてある……そんな印象がある。  もちろん、これは批判のために言ってるわけじゃないよ。これは音楽制作の現場ではよくあることだし、よりクオリティの高いものを作るための手法のひとつなんだ。  ボーカルの声質というのはひとり一人異なる。大人数で歌ったとき、その声質の違いが違和感を生むことがある。その違和感を消すには似ている声質を重ねるか、同一人物の歌を数テイク録って重ねることがよくある。山下達郎さんやトッド・ラングレン(アメリカのシンガーソングライター)のコーラスが心地よく響くのも、彼らがたった一人でコーラスを多重録音しているからなんだ。  AKB48の場合、その歌声のキーとなっているのは

この記事の画像

「AKB48のボーカルがとにかく気持ちいい マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤」の画像1 「AKB48のボーカルがとにかく気持ちいい マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤」の画像2

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。