HKT48 最新シングル『君とどこかへ行きたい』歌詞から考えるグループの今

HKT48 最新シングル『君とどこかへ行きたい』歌詞から考えるグループの今
拡大する(全1枚)
HKT48にとって14枚目となるシングル『君とどこかへ行きたい』が今月12日にリリースされた。

【写真】HKT48 『君とどこかへ行きたい』MV場面カット

 今作は、同グループにとって初となるW選抜システムを採用。1期生、2期生、3期生、ドラフト2期生から12名の「つばめ選抜」、4期生、ドラフト3期生、5期生から12名の「みずほ選抜」が選ばれ、それぞれのバージョンのMVを撮影。違った視点からのストーリーになっており、すでに公開されている。センターは「つばめ選抜」が田中美久で、「みずほ選抜」が運上弘菜だ。

 JR九州が全面協力したMVも大きな見どころとなっているが、筆者は今作の歌詞に注目していた。というのも、昨年4月に発売された13thシングル『3-2』が、興味深い内容だったからだ。

 大まかに説明するならば、『3-2』は三角関係の話だ。きっと仲が良かった3人(男性2人、女性1人)だったのだろう。しかし、親友は女性に告白をする。この告白は功を奏し、2人は付き合うことになる。主人公は先を越された。勇気を出して告白した親友と彼女のことが幸せそうに見える。主人公は取り残され、孤独を感じている――。その関係性を『3-2』と表現しているわけだ。言うまでもなく、作詞は秋元康氏だ。

 昨年、行われた取材で何人かのメンバーに「この歌詞をどう思うか?」と問うたところ、「切ない」や「自分だったら……」といった感想が聞かれた。主人公に感情移入するならば、そういった感想になるだろう。何も間違ってはいない。だが、秋元氏がそのような表面的な歌詞を表題曲に持ってくるとは思えない。

当時の記事を読む

田中美久のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田中美久」に関する記事

「田中美久」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田中美久」の記事

次に読みたい「田中美久」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク