AKB48のチーム4が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で、グループとして今年最後の劇場公演となるアイドルの夜明け公演を行った。 この日の公演は、AKB48にとって年内最後の劇場公演であるとともに、学業専念を理由にグループからの卒業を発表していた高島祐利奈の卒業公演にもなった。  オープニング曲『アイドルの夜明け』で、鼓笛隊のドラムを務めた高島はいつも通りの笑顔を弾かせていたが、岡田奈々西野未姫らはすでに涙を浮かべていた。  その後の楽曲でも、ダンスの合間に抱き着いたり、耳元で言葉を交わしたりと、それぞれのメンバーが高島との別れを惜しんだ。  高島本人も、3曲目の『春一番が吹く頃』の際に、ついに冒頭から続くファンからの“ゆーりん!”コールに大粒の涙を落とす場面も。それでも、終始笑顔は崩さずにパフォーマンスを続け、ファンからの声援に応えた。  高島は、本来は担当ではないユニット曲『天国野郎』にも引っ張り出され、「卒業するって聞いたけど嘘だよね?」とキャプテン峯岸みなみに詰め寄られて困った表情を浮かべた。 そして、アンコール明けには、高島が選んだという『RESET』と『手をつなぎながら』を同期の13期生10人で披露。ステージには、今は他のチームに所属している相笠萌梅田綾乃大島涼花も駆けつけ、『RESET』では「我らが13期生!」という歌詞も盛り込まれた。  その後、公演に出演していなかった

この記事の画像

「AKB48の高島祐利奈が卒業公演 「私を見つけてくれて本当にありがとう」」の画像1 「AKB48の高島祐利奈が卒業公演 「私を見つけてくれて本当にありがとう」」の画像2 「AKB48の高島祐利奈が卒業公演 「私を見つけてくれて本当にありがとう」」の画像3 「AKB48の高島祐利奈が卒業公演 「私を見つけてくれて本当にありがとう」」の画像4