AKB48が13年ぶり日比谷野音ライブを開催、前総監督・横山由依が卒業を電撃発表

AKB48が13年ぶり日比谷野音ライブを開催、前総監督・横山由依が卒業を電撃発表
拡大する(全2枚)
AKB48が12日(日)に日比谷野外大音楽堂にて「MX夏まつり AKB48 2021年 最後のサマーパーティー!」を開催した。また、同コンサート内で前AKB48グループ総監督の横山由依が卒業を発表した。

【写真】卒業を発表した横山由依ほか、ライブの様子【15点】

AKB48は2008年8月23日以来、実に13年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのコンサートを開催。夕暮れ時、『スカート、ひらり』で幕を開けた公演は代表的シングル『ポニーテールとシュシュ』と続き、会場は序盤から熱気の渦で包まれた。

そして発売を間近に控えるロックダンスが話題の『根も葉もRumor』をファンの前で初披露。STU48のコンサート出演のため不在の岡田奈々に代わり、倉野尾成美がセンターを務めた。

さらに出演メンバーの中で唯一の野音経験者である柏木由紀は「私は初で、メンバーのみんなもファンの方の前では初で、みなさんの前で披露できてよかったです!」とコメントした。

ユニットパートでは、小栗有以下尾みう・本田仁美・山内瑞がダンスナンバーの『エンドロール』をクールにパフォーマンス。対して、横山由依・武藤十夢・柏木の先輩メンバーが『ペディキュアday』をアイドル全開のパフォーマンスで魅せた。MCで柏木が「今回のユニットは年齢で分かれてて、私たちは一番年上の3人って感じが出ちゃった。本当に(振りが)覚えられなかったよね。今日はできたよ!」と語ると、横山(由)は「ゆきりんは自分の振りが多いことに怒ってた(笑)」と暴露。柏木は「私はメンバー全員に振りをなおされた。ひぃちゃん(本田)に怒られた。ひぃちゃん本当にすごい!厳しくしてくれて嬉しい!」と本田のダンススキルを褒めつつ、レッスンのエピソードトークで会場の笑いを誘った。

この記事の画像

「AKB48が13年ぶり日比谷野音ライブを開催、前総監督・横山由依が卒業を電撃発表」の画像1 「AKB48が13年ぶり日比谷野音ライブを開催、前総監督・横山由依が卒業を電撃発表」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク