ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』いよいよ最終回、物語のキーポイントを振り返る

ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』いよいよ最終回、物語のキーポイントを振り返る
拡大する(全1枚)
完全記憶力を持つ民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾慧/ Hey! Say! JUMP)と、人の嘘がわかる大学生・深町尚哉(神宮寺勇太/ King & Prince)の凸凹バディによる謎解きミステリー、オトナの土ドラ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season1』がいよいよ明後日9月25日土曜に最終回を迎える。

【写真】ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』場面カット【7点】

幼少期、青い提灯の“死者の祭”に紛れ込んでしまったことで、人の嘘が歪んで聞こえるという“孤独の呪い”をかけられてしまった大学生の深町尚哉(神宮寺勇太)。大学でたまたま出会った民俗学の准教授・高槻彰良(伊野尾慧)と共に再び“死者の祭”に向かい、死んだはずの祖父たちと対峙。ついに本物の怪異と遭遇することになる。

最終回に向け「これまで見たことがない」「見たけど細かいことは忘れてしまった」という人のために、これまでのあらすじ、そして物語のキーポイントをざっくり振り返ってみる。

1 )あらすじ――

8年前。楽しみにしていた村祭を、発熱により棒に振ってしまった少年。ふと夜中に目を覚ますと外からはまだ祭の音が。少年は家を抜け出し、祭に紛れ込む。青い怪しげな提灯明かりの中、誰もがお面をつけている――それは人が立ち入ってはいけない“死者の祭”だった。

その日以来、人の嘘がわかるようになってしまった深町尚哉。人が嘘をつくと、その声が歪み奇妙な音になって聞こえてしまうのだ。そのたびに、人の業に押しつぶされそうになる尚哉。人間とはなんと身勝手な生き物なのか、と。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊野尾慧のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「伊野尾慧」に関する記事

「伊野尾慧」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊野尾慧」の記事

次に読みたい「伊野尾慧」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク