“あーりん”佐々木彩夏主催のフェスで「見つかった」HKT48地頭江音々「ももクロに憧れてアイドルに」
拡大する(全1枚)
ももいろクローバーZの佐々木彩夏が主宰するアイドルフェス『AYAKARNIVAL2021』が11月17日に日本武道館でおこなわれ、大成功で幕を閉じた。たくさんのアイドルが出演する中、圧巻のパフォーマンスで観客をざわつかせたのが、HKT48の地頭江音々。武道館で「見つかった」彼女に、ライブ後直撃インタビューを敢行。小学校の頃から憧れだったという佐々木彩夏と同じステージに立った気持ちを聞いた。また、『AYAKARNIVAL2021』はLINE LIVEで配されており、12月17日までアーカイブが視聴可能となっている。(前後編の前編)

【写真】AYAKARNIVAL2021で佐々木彩夏とHKT48がコラボ

11月17日に日本武道館でおこなわれた『AYAKARNIVAL2021』。ももいろクローバーZの佐々木彩夏が主宰するアイドルフェスで3年連続での開催となったが、武道館初進出ということで出演するアイドルの数、そして企画の多彩さともに過去最高。そして内容的にも神イベントと呼んでも過言ではない、というか、それ以外の呼び方が見つからないぐらいに中身がギュッと詰まった5時間超えの大満足興行となった。
 
開催直前に各グループの持ち時間が10分拡大されて30分間になったことで、それぞれのグループのパフォーマンスがたっぷり堪能できる構成に(全体の時間を調整するため、主宰の佐々木彩夏は自分の持ち時間を10分削っている)。さらに全グループが佐々木彩夏とのコラボ曲を披露するという「今日、ここでしか見られない演出」がすべてバシッと決まったことが満足度の高さにつながっているのだろう。