あの日、そこに「でべそ」があった…HKT48・10周年記念公演、客席からは分からない10年目の真実
拡大する(全1枚)
11月26日、27日の両日「西日本シティ銀行HKT48劇場」にてHKT48は『10周年記念特別公演』を敢行した。すべてのメンバーが大集結し、2日間で100曲を披露するという各日3時間超えのスペシャルな夜。どちらの公演にも取材で入っていたフリーライターの小島和宏氏から「もう公演から時間が経ってしまったし、詳細なレポートはいろいろなところにあがっているから、いつかどこかで書けばいいや、と思っていたけれど……やっぱり村重杏奈の卒業公演の前に記事になったほうがいいんじゃないか、と感じるようになって」と特別寄稿が届いた。あの2日間のアナザーストーリー。観客の目に見えないところで、HKT48の歴史はしっかりと伝承されていたーー。

【写真】HKT48「HKT48劇場 10周年記念特別公演」の様子【27点】

2021年11月26日。
そこに「でべそ」があった。

ちょうど10年前のこの日にオープンした旧HKT48劇場の象徴だった、ちょこんと突き出したステージが、時空を超えて新しい劇場に甦ったのだ。

新劇場がオープンしたときから、客席の前方がフラットになっているので(途中から見やすいひな壇になっている)、ひょっとしたら、ここに「でべそ」を置くことができるのではないか、と予想するファンも少なくなかった。だが、実際に設置してみると、かなりの数の客席が潰れてしまうので常設は難しい、ということもわかった。でも、本当にスペシャルなときにはこうやって復刻できることが証明されただけでも、今後の劇場に対する期待感は大きく膨らむというものだ。