三度の飯より駅弁が好き! AKB48・岩立沙穂が語る、忘れられない駅弁ベスト3
拡大する(全1枚)
アイドル界きっての駅弁好き、AKB48岩立沙穂。年に一度開催されている駅弁大会には仕事の合間をぬって通い詰め、行った日には10個近くの弁当を買って帰るという筋金入りだ。このほど、WEBマガジン「TABILISTA(タビリスタ)」にて連載もスタートさせた彼女に、これまで食べた駅弁について語ってもらった。

【写真】大好きな駅弁に舌鼓、満面の笑顔を見せる岩立沙穂【14点】

――TABILISTAでの連載スタート、おめでとうございます。

岩立 ありがとうございます。TABILISTAさんとは去年から鉄道写真家・櫻井寛さんとの対談や毎年1月に開催される「駅弁大会」(京王百貨店新宿店が主催する「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」の通称)でお仕事をさせていただいて、その流れで始まりました。今までは趣味で駅弁を食べていただけでしたが、好きなことを発信する場を作っていただいて嬉しいです。最近はプライベートで旅行に出かけることも減っているので、お仕事でどこかに行けたら最高だなと思いました(笑)。

――行ってみたいところはありますか?

岩立 九州に行きたいです。私は親戚が東北に住んでいることもあって、小さい頃から東日本はよく出かけていました。西日本は修学旅行やお仕事で行くくらいなので、がっつり回ってみたいです。いま狙っているのは「或る列車」です。博多(福岡県)と湯布院(大分県)を一日に一往復している豪華列車なんです。基本的に列車での旅が好きなんです。家族旅行に出かける時、駅弁は必ず食べていました。