大食い・ロシアン佐藤が“人前で食べられなかった”思春期を語る「ギャル曽根ちゃんの存在は革命」
拡大する(全1枚)
『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)で2008年に衝撃のデビューを果たしたロシアン佐藤。当時システムエンジニアとして働きながら、大食いタレントとしても大活躍し、「いつも美味しそうに食べる」と、多くの大食いファンを魅了してきた。2021年7月には、「競技としての大食い」の引退を宣言。現在は食への恩返しをテーマに新たなプロジェクトを設立し、YouTube配信を中心に活躍している彼女に、改めて大食いに目覚めたきっかけや、これからの活動について話を聞いた。(前中後編の前編)

【写真】大食いレジェンド・ロシアン佐藤

──フードファイターとしてテレビ出演する前のことからお伺いします。最初に自分が大食いだと自覚したのはいつのことですか?

佐藤 どうだろうなぁ。もちろん普通の人と比べると量は食べるほうだったんですけど、そこまで大食いだという自覚はなかったんですよね。というのも私は島根県で育ったんですけど、田舎だから大食いチャレンジ店も数軒しかなくて。だから自分としては「私が食べるくらいの量は、みんなも普通に食べられるでしょ」みたいな感覚。友達が「佐藤さんヤバいから番組に出たほうがいいよ」ってことで『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)の応募フォームを送ってくれたんですけど、「いやいや、言うても私なんて大したことないから」とか笑っていましたし。だけど番組の大阪大会のとき、「あれれ?」と思ったんです。「あ。私、なんか普通じゃないんだ」って(笑)。