遠藤さくらのシャボン玉に秋元真夏の鼻クリーム、『乃木坂工事中』奇跡のほのぼの映像20秒
拡大する(全1枚)
雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第158回となる今回の観測期間は3月1日(火)~3月7日(月)。

【関連写真】乃木坂46 星野みなみ卒業セレモニーのライブ写真【13点】

『乃木坂工事中』(テレビ東京)2月27日(日)・3月6日(日)放送回は、乃木坂46メンバーが“褒められて笑ったら負け”というルールの新感覚にらめっこに挑戦した「褒めっこグランプリ」。仲の良いメンバー同士で互いを褒め合う平和な世界が2週に渡って繰り広げられました。

齋藤飛鳥山下美月の先輩・後輩対決では山下が感極まって涙を流したり、和田まあやと弓木奈於の“クレイジー対決”では褒め合いなのか何なのか理解不能な応酬が続いたり、見応えのあるカードが続々。そして、矢久保美緒がバラエティの才能を大いに開花させた回でもありました。

個性的な言動や表情がまるで「宮崎駿作品」「ジブリ」だと評され、このグランプリの優勝者となった矢久保。振り返ると、グループ加入当初に出演したロケ番組『乃木坂どこへ』(2019年)ではさらば青春の光の2人を前に「すいません、つまらない人間なので面白くならないんですけど」と言って涙を流していたのに、今回はバナナマンの2人にとことんイジられた上、さらにそこに乗っかって笑いをかっさらえるようになったんだから、この2年半でとてつもない成長!