小栗有以が連続ドラマ初ヒロインに決定「作中の高校生生活を演じながら楽しみたい」
拡大する(全1枚)
小栗有以が、4月スタートのABCテレビ制作ドラマ『恋に無駄口』で、ヒロインを務めることが決定した。

【関連写真】1st写真集では始めても水着撮影にも挑戦、小栗有以の撮り下ろしカット【13点】

2018年にAKB48で初のセンターを務めて以降、ソロコンサートやフジテレビ系『めざましテレビ』のイマドキガールにも抜擢され、今年は1st写真集も発売するなど、活躍の幅を広げている小栗有以。

『恋に無駄口』は、累計200万部の大ヒット作『覆面系ノイズ』の福山リョウコが手掛ける学園コミック。現在、少女漫画誌『花とゆめ』(白泉社)にて大好評連載中で、3月18日には最新単行本7巻が発売された話題作の実写ドラマ化作品だ。

主人公は、顔はイケメンだけど中身がちょっぴり残念な仲良し男子高校生4人組。『仮面ライダージオウ』以来の民放連ドラ主演を務める奥野壮、メンズノンノモデルとしても活躍する若手俳優の水沢林太郎、2.5次元分野で大人気の情報番組リポーターなどマルチに活躍する小西詠斗、連続ドラマ初出演で藤岡弘の長男として注目を集める藤岡真威人が演じる。

小栗が演じるのは、高校では絶対に恋しないと誓った主人公・仁科(奥野)が恋に落ちる漫画部員・叶依麻(かのうえま)。

漫画を描くことに心血を注ぎ、漫画以外には一切興味がない仁科に負けず劣らず不器用な漫画部員。そして反発しながらも惹かれあっていく2人は果たして恋に発展するのか…!?

小栗は「依麻役を頂いた時、自分と似ている部分がたくさんあり、共感出来る部分が多いなと思いました。自然体で臨みつつ、依麻として作品の中で生きられる事を楽しみにしています。原作がとても明るくTHE・⻘春という作品なので、私自身も作品中の高校生生活を演じながら全力で楽しみたいと思います。皆様に明るい気持ちをお届けできるように頑張ります!」と意気込みを語っている。

【あわせて読む】AKB48のエース小栗有以が語る初めての水着写真集「女性ファンの方にも見て欲しい」