AKB48『背中言葉』で改めてわかった高橋みなみの偉大さマーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

AKB48『背中言葉』で改めてわかった高橋みなみの偉大さマーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤
AKB48『唇にBe My Baby』
 もう一ヶ月以上も前の話だけど、『第66回NHK紅白歌合戦』は本当に感動したね~。何が感動したって、AKB48の10周年記念メドレーに、卒業生の前田敦子ちゃんと大島優子ちゃんがサプライズ出演したことですよ! あのときのたかみな(高橋みなみ)の涙には外国人のボクでさえもらい泣き。思わずTwitterに書き込んじゃったくらいだからね。#69_AKB48『唇にBe My Baby』   しかもよく考えてみてよ。前田敦子ちゃんと大島優子ちゃんが登場するということは、メンバー全員の踊りの立ち位置、フォーメーションが崩れてもおかしくはない。なのに、それを生放送中に臨機応変にやってしまったメンバーたちも、本当にプロフェッショナルだな、と改めて思いました!  さて、前フリが長くなりましたが、今回はそのAKB48から卒業する高橋みなみちゃんの卒業ソング『背中言葉』を紹介します。この曲はシングル『唇にBe My Baby』のカップリング曲としてリリースされたもので、YouTubeなどの動画サイトではPVもしっかり公開されている楽曲。で、これが聴けば聴くほどスルメな曲なんですよ。  曲全体のノリは、1970年代の欧米のメロディアスなバラードって感じで、カーペンターズやオリビア・ニュートン=ジョン、リンダ・ロンシュタットが歌っていそうな印象。あと70年代ポップスの名盤コンピレーションに入っていてもおかしくないような感覚だね。音楽に詳しい人ならわかると思うけど、1980年代以降、世界中の音楽はシンセサイザーやドラム・マシンの機械的なノリやリズムが多くなって、多くの楽曲がリズム中心に作られるようになったじゃん?(ヒップホップやEDMなんかはその典型だよね)。『背中言葉』は、そのリズム革命以前の古き好きポップスの世界が息づいている。イントロのピアノの音が聞こえてきた瞬間にゾクッとしたくらいだもの。  そして楽曲の構成は、AKBから巣立っていくたか

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。