貴島明日香が語る『ZIP!』お天気キャスター卒業後の今「不安が消えて7時間くらい寝るようになった」
拡大する(全1枚)
2017年から今年4月に卒業するまでの5年間、『ZIP!』(日本テレビ)のお天気キャスターとして愛されてきた貴島明日香。今回、4月25日に2年間かけて撮影した1st写真集『あすかしき。』(小学館)を発売した彼女に、写真集に込めた想いと『ZIP!』出演を通しての変化を聞いた。(前後編の後編)

>>前編はこちら

【写真】透明感にじむ、貴島明日香の撮りおろしカット【15点】

──今年4月1日で朝の情報番組『ZIP!』のお天気キャスターを卒業して、かなり生活も変化したのではないでしょうか。

貴島 そうですね。『ZIP!』がある日は21時から22時、遅くても24時には寝て、3時から3時半に起きるという生活をしていたので、なかなか友達と夜にご飯に行ったり飲みに行ったりできなくて。今はゆっくりお酒を飲む時間があったり、ドラマや映画を見たり、ゲームをプレイしたりと1日を満喫しています。

──『ZIP!』ロスみたいなものはないですか?

貴島 ロスっていうものあまり感じないですね。卒業してからも『ZIP!』の元メンバーや現メンバーと会っていますし、先日もアナウンス部のみんなとオンラインで宇宙人狼ゲームの『Among Us』をやりました。

──そう考えると、お酒にゲームと貴島さんが好きなものは夜更かしと相性がいいですね(笑)。

貴島 完全に夜型というか、ゲーム友達とゲームするのも大体は夜中ですからね(笑)。先日も『Apex Legends』のカジュアルな大会に出たんですが、みんなの仕事が終わってからのタイミングなので22時始まりで、24時半までやっていました。お天気キャスターをやっていたときは、そういう大会とかカスタムマッチにも出られなかったので、ゲーマーとして使う時間も増えました。