千葉雄大と永山絢斗“W主演”ドラマ『ダブル』の後半場面写真とクランクアップ写真が公開
拡大する(全1枚)
千葉雄大永山絢斗W主演のWOWOWオリジナルドラマ『ダブル』が毎週土曜日午後10:30より配信されている。今回、ドラマ後半の場面写真とクランクアップ写真が公開された。

【写真】千葉雄大と永山絢斗W主演ドラマ『ダブル』の後半場面写真とクランクアップ写真

『ダブル』の原作は漫画家・野田彩子が手掛け、2020年に第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞し演劇、役者の世界を描いた異色の漫画として話題を呼び、ファンの間でも実写化が期待されていた注目作。

主人公は、天性の才能を持った俳優と、彼の才能をいち早く見出し世に送り出そうと支える“代役”俳優の二人。天性の魅力と秘めた才能を次第に開花させていく宝田多家良を千葉雄大、自身も「世界一の俳優になりたい」という夢を抱きながら、多家良の才能に惚れ込み、演劇のいろはを教え生活も支えるもう一人の主人公・鴨島友仁を永山絢斗が演じる。そのほか、桜庭ななみ堀井新太工藤遥、神野三鈴、津田寛治がメインキャストとして名を連ねる。

解禁された後半の場面写真では、苦悩する多家良の姿や、二人が暮らすアパートではない一室で神妙な面持ちの二人の姿が。役者の仕事が順調になるにつれ、友仁との関係にも徐々に変化が訪れる。やがて仕事に対して冷めていく多家良は、二人三脚で歩んできた友仁の存在も遠ざけるようになり…。

千葉雄大と永山絢斗は同い年で誕生日も2日違い。本作の共演がきっかけで親交を深め、プライベートでも合同の誕生日会をする仲になったという。

【あわせて読む】千葉雄大と永山絢斗“W主演”ドラマ『ダブル』のスチール写真が10点公開