メンバーが可愛すぎる虫に! AKB48 チーム8の単独舞台「Bee School」が開幕【写真10点】

メンバーが可愛すぎる虫に! AKB48 チーム8の単独舞台「Bee School」が開幕【写真10点】
拡大する(全1枚)
AKB48 チーム8の単独舞台「Bee School」が、本日4日(水)品川プリンスホテル クラブeXにてスタートする。初日公演に先駆け、同日昼、公開ゲネプロが行われた。
舞台「Bee School」は、2016年の「絢爛とか爛漫とか」、2018年の「KISS KISS KISS」に続くチーム8単独舞台第3弾。メンバーが虫に扮したミュージカルで、最高の女王蜂になるために私立みつばち中学校に入学した虫たちの熱き青春を描く。

主役・蜜蜂のミッツを演じるのは倉野尾成美で、小栗有以坂口渚沙太田奈緒、佐藤朱、佐藤七海濱咲友菜(※濱は俗字が正式表記)がミッツのクラスメイトを、清水麻璃亜が教師のスズメバチを演じ、回替わりでゲストメンバーも登場する。

劇中では48グループの「虫」にまつわる曲が、トリビュートする形で歌われる。今回の舞台用に振り付けもアレンジされており、華やかに物語を盛り上げる。また、終演後にはゲストメンバーとお手伝いメンバーも参加するミニライブもあり、携帯電話での撮影タイムも設けられる。

公開ゲネプロ後には囲み取材も行われ、主演を努めた倉野尾成美は「短い稽古時間で大変な中、みんなでいろんなことを考えて試行錯誤しながら、いい作品を作っていこうという思いを持ってやってきました。全てを出し切って、見てくださる皆さんに何か心を刺激するような感情を持ってもらえたら」と意気込みを語った。

弱虫なポタを演じた小栗有以は「どう演じようか悩んで演出家の方に相談したんですが、(ドラマを例えに出され)見た目はいい人そうなのに、実は裏があるような役だよとアドバイスをいただきました。ポタも実はみんなよりも強い心もあるので、オドオドしているだけじゃないというのを皆さんに見せられるように頑張りたい」と役作りについて語った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク