元NMB48・渋谷凪咲が初主演を務める映画『あのコはだぁれ?』が、7月19日(金)に全国公開される。

【関連写真】渋谷凪咲のプリンセスのようなドレス姿

大ヒット『呪怨』シリーズを手掛け、ハリウッドリメイク版として世界中で公開された『THE JUON/呪怨』が日本人監督として初めて全米興行収入1位を獲得するなど、Jホラーを牽引し続けてきた清水崇監督。
昨年、「本当に怖いホラー映画」として話題になった『ミンナのウタ』のDNAを引き継ぐ最新作『あのコはだぁれ?』が7月19日(金)に全国公開される。

本作は、とある夏休み、補習授業を受ける男女5人の教室にいないはずの“あのコ”が怪奇を巻き起こす学園ホラー。今回、映画初主演にして本格演技初挑戦となる渋谷凪咲が、夏休みの補習クラスを担当する臨時教師・君島ほのかを演じる。

また補習授業を受ける生徒役には、6月に公開する映画『違国日記』で新垣結衣とダブル主演にオーディションで抜擢された早瀬憩をはじめ、宮崎駿監督作品で米アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『君たちはどう生きるか』で主人公の声優を務めた山時聡真、『るろうに剣心最終章The Final/The Beginning』でシリーズ最恐の敵・雪代縁役の新田真剣佑の青年期を演じた荒木飛羽、Z世代から圧倒的な支持を集める若手発掘・育成プロジェクト「私の卒業」プロジェクト第5弾『こころのふた~雪ふるまちで~』の公開を控える今森茉耶、『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平演じるヤクザの少年時代を演じた蒼井旬らフレッシュなキャストが勢揃いした。

さらに、渋谷凪咲演じる君島ほのかの恋人役で、映画『ヒミズ』で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を日本人で初めて受賞し、近年も『サンクチュアリ-聖域-』(Netflix)、『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系)など、話題作への出演が相次ぐ染谷将太や松尾諭、小原正子(クワバタオハラ)、マキタスポーツなどバラエティ豊かな面々も出演している。

今回、「この教室には、いないはずの生徒がいるー。」不穏な言葉で始まる60秒の恐怖の本予告映像が解禁された。
夏休みの学校で起きた不可解な事件、そして見知らぬ“あのコ”を怪しむ生徒たち。安全であるはずの学校で教師も生徒も“あのコ”の怪奇に巻き込まれていく姿が映し出されている。

また、映像の中では、『警告:「“あのコ”に見つかってはいけない」「“あのコ”の呪いの歌を聞いてはいけない」“あのコ”に見つかると、殺される』という、ふたつの警告文が表示される。

5人の生徒が補習授業を受けている教室、廊下、ゲームセンター、夜道、そしてUFOキャッチャーの中――どこまでも追いかけてくる “あのコ”に怯える主人公の君島ほのか(渋谷凪咲)の悲鳴と畏怖の表情を浮かべる生徒たちからは恐怖の日々が垣間見える。そして、いまにも車に轢かれそうな染谷将太演じるほのかの恋人の姿も。

合わせて解禁されたキービジュアルには大きな「警告」の文字と共に黒板からみた教室の風景が写し出されている。
黒板に向かう渋谷凪咲演じる教師・君島ほのかを、男女6人の生徒たちが無表情で見つめている。この生徒たちの違和感の正体とは――。

学校で起きた不可解な事件と約30年前の事故との関係、その違和感に気づいた時“あのコ”の怪奇が迫り来る。“あのコ”が巻き起こす夏休みNo1の恐怖と登場人物たちの身に起こる予想もつかない衝撃の結末に注目だ。

【あわせて読む】渋谷凪咲が”糖度70%超え”の食べ物に思わず笑顔、とんでもない数字のグルメがスタジオに登