AKB48グループから「バラエティ対応能力」で16人選んでみた

 AKB48グループの選抜メンバーといえば、人気上位メンバーである程度固定されているわけだが、層の厚い48グループだけに、選抜メンバー以外にも個性的なメンバーが数多く在籍する。そこで今回は、〝バラエティ対応力〟を最大重視して、16人の選抜メンバーを選んでみることにした。  一般的な知名度は人気メンバーに劣るかも知れない。しかし、彼女たちのバラエティ対応能力は、アイドルとは思えないほどの凄さがあることは、自信を持って保証したい!  まずは中村麻里子(AKB48チームA)。加入当時は篠田麻里子と名前が同じということでファンの間では「こまりこ」と呼ばれていた。やがて少しずつ名前が浸透してきた頃に、劇場公演などで天性の面白さが開花し始める。昨年から『AKB48のあんた誰?』(NOTTV)のMCを担当し、『AKB48グループドラフト会議』ではMCアシスタントに抜擢されたことで、中村のトークスキルの高さは多くのファンに伝わったはずだ。まさに〝バラエティ選抜〟のセンターにふさわしい。  バラエティ番組で体重を暴露されてしまった島田晴香(AKB48チームK)も侮れない。かつて『有吉AKB共和国』(TBS系)で、伝説のプロレスラー・ジャンボ鶴田をパロってジャンボ島田というキャラクターを演じていたことがあった。もちろん鶴田の現役を知らない島田は、このキャラクターを研究するために、スタン・ハンセンとの試合の映像を何度も見て研究したという。このように、お笑いに対して真面目に取り組む姿勢を持っているだけに、今後はバラエティクイーンになる可能性も。  AKB48では〝ヲタク〟というキーワードも重要である。ヲタクといえば
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク