ラストアイドルが答える“4つの疑問”(1)「毎シングル挑戦の連続、そんな私が自分に負けた瞬間」

ラストアイドルが答える“4つの疑問”(1)「毎シングル挑戦の連続、そんな私が自分に負けた瞬間」
拡大する(全1枚)
11月4日(水)に最新シングル『何人(なんびと)も』をリリースしたラストアイドル。毎シングル新たな手法を取り入れ話題を呼んでいるが、今回の楽曲では一度見たら忘れられないほどのインパクトを残す「殺陣」に挑戦。その苦労を語ると同時に、ファンならずとも気になる「4つの疑問」を阿部菜々実、長月翠、西村歩乃果、安田愛里の4人が解決する。

【写真】ラストアイドルメンバーのソロカットほか撮りおろしショット

──まず、最新シングル『何人(なんびと)も』で一番苦労したポイントを教えてください。

阿部 この曲の見所はズバリ殺陣! 刀を持ったアイドルのパフォーマンスなんて前代未聞だし、一度見たら忘れられなくなるようなインパクトがあると思います。

西村 次のシングルで殺陣に挑戦すると聞いたとき、私はすごくうれしかったですね。もともと身体を動かすことが大好きですから。でも練習は……ものすごく大変でした。

安田 これまでもラストアイドルは「団体行動」「最高難度ダンス」などハードな挑戦をしてきましたが、今回が一番キツかったです。

西村 素振りの前に、まず刀をカッターで削るところから始めるんですよ。自分に合う形にしないと、手のひらを痛めてしまうので。

──そんなところまで自分でやられていたんですね。

長月 私は舞台を観るのが大好きなので殺陣も前から興味があったんですけど、実際にやってみるとビックリすることの連続でした。その中で気づいたのは、私たちの殺陣には「女の子ならではのカッコよさ」があるんじゃないかなということ。力強い中にも、女性らしい柔らかさとか美しさが表現できたらいいなと思って取り組んできました。

当時の記事を読む

エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。