中島ヨシキが語る『プランダラ』で思い出深い台詞とは!?


テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は20日、ABEMAアニメチャンネルにて特別番組『プランダライブ』を独占生配信した。
本配信にはリヒトー役の中島ヨシキ、陽菜役の本泉莉奈、ジェイル役の梅原裕一郎、リィン役の小澤亜李らメインキャストが集合し、これまでのストーリーで好きなシーンの振り返りや、WEBラジオ『プランダラジオ』の企画の出張版「陽菜の特番で歩いた距離スペシャル!!」のコーナーを行った。

本配信ではソーシャルディスタンスを守るため、キャスト同士が机の間隔を空けて着席(画面上では合成によって横並びに配置されています)。4人は「遠いね!」「声聞こえてる!?」と騒ぎつつ、久しぶりの集合を喜んだ。

そんな4人は『プランダラ』の後半ストーリーを振り返る「かぶっちゃダメよ!!私だけのプランダラ第2クール名シーン」のコーナーに挑戦。他のキャストと被らないよう、キャラクターごとに“自分が思う名シーン”を挙げていく。主人公リヒトーの“名シーン”について、リヒトー役の中島は「おパンツなどお履きでない!!」というセリフをチョイス。とあるキャラクターの太腿が露わになった際に思わずリヒトーが叫んだセリフですが、「オーディションからこのシーンがあって……オーディションからこのセリフ言わせるんだ!?って思った」という中島にとって思い出深いセリフであることを明かした。

続く陽菜の名シーンについて、陽菜役の本泉さんは第19話の「ヤケ酒」のシーンをチョイス。しかし、中島がそのシーンで陽菜が発する「おいジジイ」というセリフを挙げていたため「被った」と判定され、2人で罰ゲームとして“スポーツ実況者風”にそのシーンを解説する一幕も。

この記事の画像

「中島ヨシキが語る『プランダラ』で思い出深い台詞とは!?」の画像1 「中島ヨシキが語る『プランダラ』で思い出深い台詞とは!?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

中島ヨシキのプロフィールを見る
EntamePlexの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「中島ヨシキ」に関する記事

「中島ヨシキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中島ヨシキ」の記事

次に読みたい「中島ヨシキ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク