浪川大輔『激レアさんを連れてきた。』出演の裏側を語る


新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は8日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 木【浪川大輔×石川界人】#12』を放送した。

本放送では、「ABEMA」の開局5周年を記念した「ABEMA 5th Project」の一環として、『声優と夜あそび』とテレビ朝日の人気バラエティー番組『激レアさんを連れてきた。』とコラボしたことを受け、特別企画「あの人気バラエティと激レアコラボ」を実施。7月12日放送の『激レアさんを連れてきた。』では、『声優と夜あそび』から代表して浪川が「11歳で天才声優と呼ばれていたのに中2から30歳までほぼ仕事をもらえなかった激レアさん」としてゲスト出演しており、その激レアな人生エピソードを披露している。そんな浪川が、収録の裏話を語っていった。

「大好きな番組で、もっと深夜にやってるときから見てたんで、(出演を聞いて)え~本当に!って感じでした」と出演の喜びを語る浪川。また、石川から「収録の雰囲気とか気になるんですけど」と聞かれた際には、「スタジオ入ってパッと座って1分後くらいに収録はじまるのよ。でもその1分間にセットだ~ってキョロキョロしちゃって」と大好きな番組のセットに興奮したことを話し、また「最初は落ち着こう落ち着こうって」「しゃべるタイミングとか難しかった」と初めての現場に緊張していたことを明かす。

また、番組内では「激フツ声優さんを連れてきた。」も実施。平均輔(30歳)という架空の声優のあくまで“普通”な人生を作っていくこのコーナー。声優のあるあるな趣味や特技などを語りながら、ありそうな人生を想像していく。まずは、声優によくある趣味から探っていくことに。「やっぱり仕事も兼ねて映画鑑賞とかじゃない?」と提案した浪川に、石川が「最近の人はカラオケなんですよ。歌仕事増えているんで」と反論。浪川は「すごく今歳の差感じちゃった」と年代のギャップに嘆く。ただ、“仕事につながるもの”という部分では同意見だったことから浪川も「そうなんだ~」「YouTubeとかで歌ってみたとかね」と納得。

この記事の画像

「浪川大輔『激レアさんを連れてきた。』出演の裏側を語る」の画像1 「浪川大輔『激レアさんを連れてきた。』出演の裏側を語る」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

EntamePlexの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク