auじぶん銀株式会社(以下、auじぶん銀行)は、2022年5月2日から住宅ローンをお借入れのお客さまを対象に、団体信用生命保険(以下、団信)の「がん100%保障団信」と「11疾病保障団信」の上乗せ金利を引下げることを発表した。

2021年11月1日から実施している「住宅ローン団信上乗せ金利年0.1%引下げキャンペーン」(2022年4月2日終了)が好評を博していることから、2022年5月2日から団体信用生命保険の「がん100%保障団信」と「11疾病保障団信」の上乗せ金利を引下げすることに。

auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表


特に「がん100%保障団信」を選択するお客さまの割合が2022年3月には31.3%と、キャンペーン開始前の2021年10月の6.7%から4.6倍に増加している。「au金利優遇割」が適用されると、最大年0.1%金利引下げとなり、「がん100%保障団信」を選択の場合は、実質上乗せ金利なしとなる。

auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表


■「がん100%保障団信」とは
「がん」と診断されただけで住宅ローン残高が全額返済されるなどの「がん診断保障」に加え、すべてのけが・病気で入院継続が180日以上となった場合に住宅ローン残高が全額返済される「全疾病保障」、入院期間ごとに毎月の住宅ローン返済額が0円になる「月次返済保障」が付帯されている。

■「11疾病保障団信」とは
「がん」と診断または「10種類の生活習慣病」で入院継続180日以上継続した場合住宅ローンの残高が全額返済される保障や、給付金特約、がん先進医療給付特約が付帯されている。

この記事の画像

「auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表」の画像1 「auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表」の画像2 「auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表」の画像3 「auじぶん銀行、団信上乗せ金利引下げを発表」の画像4