【日本麺紀行】岩手県が誇る盛岡冷麺発祥の店「食道園」の冷麺とは?

日本各地には様々な麺料理が存在している。

例えば、美味しんぼにも登場する100年続く津軽そばのお店「三忠食堂 本店」や沖縄で知らない人がいないほど有名な沖縄そばの名店「宮里そば」、そして立ち食いうどんマニアが最後にたどり着く最高のお店とも名高い富山県・石動駅の「麺類食堂」に、横浜が誇るソウルフード・サンマーメンの元祖「玉泉亭」、さらには愛知県一宮市で中毒グルメとして人気の「ベトコンラーメン」、立ち食い蕎麦マニアが最後にたどり着く絶品の駅そば、北海道の秘境・音威子府駅にある「常盤軒」などなど、全国各地にその場所でしか味わえない絶品の麺料理が数え切れないほど存在している。

そんな全国の絶品麺料理の中から、今回は岩手県盛岡市が誇る盛岡三大麺の1つ盛岡冷麺のお店をご紹介したい。

お店の名前は「食道園」だ。

・1954年(昭和29年)創業の老舗焼肉店、それが「食道園」
1954年と言えば、ベビーブーム世代が就学し、自衛隊が発足、さらには映画「ローマの休日」大ヒットし、力道山などプロレスブームが起きた時代。

日本の戦後復興から経済成長へと繋がる、まさに日本が黄金の歴史を謳歌していく時代に、この店はテーブル4つの焼肉店として営業をスタート。

今では盛岡を代表するお店として、ランチタイムもディナータイムも多くの人がこちらのお店で美味しい焼肉を味わっているのだ。
【日本麺紀行】岩手県が誇る盛岡冷麺発祥の店「食道園」の冷麺とは?


・盛岡冷麺の元祖、それが「食道園」
盛岡市内では盛岡冷麺は様々な場所で味わうことができるご当地麺となっているのだが、その全ての盛岡冷麺の源は、「食道園」。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年6月15日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。